隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 赤々煉恋
赤々煉恋
赤々煉恋
赤々煉恋/朱川湊人
東京創元社
1680円
評価 ☆☆☆
赤々とした炎のように何かに身を焦がし、
愛し切望する者たちの行く末は
果たして幸福か、地獄か・・・・。
奇怪だが確かな愛の形を切なく織り成す短編集。

(感想)
朱川さんといえば“ノスタルジックホラー”の名手。
だけど、今回のホラーは違う!
妖しく美しい中に哀しみを帯びたホラーとでも言うのかな〜、
どの話も心で愛するのにとどまらず、
一個の肉として繋がりたいと切望する悲しみがあります。

死体とセックスする、愛する人の為に腕を切り落とす..
こういった愛し方はグロテスクで、
こういう趣味のない人にはなかなか理解できないものだけど、
本来、愛なんてものは美しいものではなく、
見栄やプライドをかなぐり捨ててしまえばグロいものなんですよね。

いわゆる霊現象おばけの殆んどはこの世に未練や怒りといった
感情を残して死んでしまった人が現れる現象だけど、
それを美しく描いてしまう朱川さんの手腕はやっぱり凄い拍手

どっちかといえばノスタルジックなものが好きだけど、
こういう朱川作品もいいですねニコニコ

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:54 | category:    朱川湊人 |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links