隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# カツラ美容室別室
カツラ美容室別室
カツラ美容室別室
山崎 ナオコーラ
カツラ美容室別室/山崎ナオコーラ
河出書房新社
1260円
評価 ☆☆☆
オレは梅田さんの紹介で
「カツラ美容室別室」の人たちと出会った。
店長の桂さんはカツラをかぶった美容師で、
オレと同じ年で27歳のエリちゃんと
24歳のゆかりさんの3人がカツラ美容室別室の面々。
出会ったその日、オレたちは花見桜に行くことになったが・・・。
大人の事情、大人の友情、大人の交流の行方は?



(感想)
うーん。
非常に感想の書きにくい本ですひやひや

美容師があからさまにそれとわかるようなカツラをかぶってて、
しかもその人の名字が「桂さん」って
設定自体は個人的にドンピシャ猫2
でもお話に深みがないんだよな〜。

大人の男女が出会い、
当然ながら恋愛対象ラブとして見始めて、
なんとなくいい雰囲気になるんだけど、
でも付き合うには至りませんでした・・・みたいな話。
そんなことはもう全然珍しくもないでしょう。
この2人が盛り上がっている様子もまったくないから、
読み手にもドキドキやワクワクがなくて淡白な感じ。
カツラの美容師・桂さんも絡んでくるんだけど、
設定に負けないほど強烈なキャラってわけでもないし、
どうなんだか[:ふぅ〜ん:]

面白くも、面白くなくもなく、
「ふーん、そうなんだ」で終わっちゃうのです。
なんだかこんな感想ですいません。

・・・で、ブログを書こうと思い、出版社をみてみて納得たらーっ
【河出書房新社】か・・・。
ここの本、どれを読んでもイマイチ物足りないんだよな〜。
はじめから知ってたら読まなかったかも汗
| comments(0) | trackbacks(2) | 11:21 | category:    山崎ナオコーラ |
# 浮世でランチ
浮世でランチ
浮世でランチ
山崎 ナオコーラ
浮世でランチ/山崎ナオコーラ
河出書房新社
1365円
評価 ☆☆☆☆
人と関わることの意味って何なんだろう・・・。
明日の私は誰と昼ごはん食事を食べて、
それにはどれだけの意味があるの?
人とのコミュニケーションが苦手な私は、
世界地球に触れるためにミャンマーへと旅立つ。



(感想)
会社を辞めて、
次の仕事を見つけるし間にミャンマーへ旅立つ、
人付き合いが苦手な25歳の女性が主人公。
彼女の現在の様子と
中学時代の友人達との思い出を交互に描く構成です。

神様』。
中学生くらいになるとはじめてその存在にギモンを持ったり、
信じたり信じなかったり自分と神様の距離や信頼度が
はっきりしてくるのだと思う。

このようなテーマは好き嫌いがはっきり分かれるだろうけど、
中学生という幼さゆえの神様や宗教のとらえ方が素直で
私にはとても心地よい世界観でした。

ラストへ向かっても、 物語に大きな流れはない。
確かにこれで終わり!?という気はしたし、
平坦な締めくくりに物足りなさを感じる人もいるかもしれないけど、
この何もなさが良いんじゃないかな〜猫2

最後にちょっとだけ、今と現在が交差するのですが、
そのささやかさなサプライズだけで私には十分でしたラッキー

ちょっと欲を出して言えば、
犬井君の現在が知りたかった!!
彼はどんな大人に成長してるのかなぁニコニコ



●この本を好きな人におすすめなのは・・・
具体的な作品名は浮かばないけど、
ばななさんや梨木香歩さんが好きな人は気に入ると思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:25 | category:    山崎ナオコーラ |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links