隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# おかみさんの経済学 女のアイデアが不景気をチャンスに変える
おかみさんの経済学―女のアイデアが不景気をチャンスに変える!
おかみさんの経済学―女のアイデアが不景気をチャンスに変える!
冨永 照子
おかみさんの経済学 女のアイデアが不景気をチャンスに変える!/冨永照子
角川oneテーマ21
600円
評価 ☆☆☆
不景気を吹き飛ばして街おこしに大成功猫2チョキ
男社会の浅草でおかみさんが立ち上がって復興へ・・・。
おそるべし!おかみさんパワーが日本を救う!?
人を動かすリーダー術から後継者の育成、
リスクの背負い方までのヒントが満載!!



(感想)
著者は浅草でお蕎麦屋さんを経営するおかみさん。
“浅草おかみさん会”の会長を務める方でもあります。

不景気で元気をなくしていた浅草の復興に立ち上がり、
見事に活気を取り戻させたのは、
おかみさん達・女性女のがんばりだったようです拍手

女性が何か新しいことをはじめようとすると、
色眼鏡で見る人が必ず出てくるものたらーっ
特に浅草のように古い歴史を持った地域ならなおさらのことだったはず。

しかし、それに負けてはダメ。
むしろそれを吹き飛ばす勢いで立ち向かわなければ
現状をかえることなんてできない。

今、成功している女性がたくさんいて、
彼女達を見ていると同性として誇らしく感じますニコニコ

全国どこをみても壊滅の危機にさらされた商店街で溢れている。
それを女性らしい観点で変えることはできないか・・・
全国のおかみさんが立ち上がったらきっと何かが変わるはずぴかぴか
そんな期待も込めてすべての働く女性におすすめしたい本です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:34 | category: 作家名 た行 |
# 少年たちのおだやかな日々
少年たちのおだやかな日々
少年たちのおだやかな日々
多島 斗志之
少年たちのおだやかな日々/多島斗志之
双葉社
1890円
評価 ☆☆☆☆
またあのおばさんに出くわすかもしれないと思うと、
それだけで冷や汗がにじんでしまう・・・。
しかし、おびえているのは、本当はあのおばさんの方だった。
1…、2…、3…、平穏な日常が音を立ててゆがみはじめる。
恐怖サスペンスの傑作短篇集。



(感想)
思春期の子供達の平穏な生活が
ささいなことから突然歪み始める恐怖を描くサスペンス短編集

瑞々しい青春小説が読みたくなり、
タイトルに惹かれて手にとってみたのですが
タイトルから受けるイメージとはまったく正反対の恐怖小説じゃないですか冷や汗

当初のイメージとはかけ離れた作品でしたが、
ブラックな笑いの要素も含まれており、
思わぬ“あたり”でしたるんるんるんるん

大人だけど大人じゃない。
ちょっと背伸びしてみたいけど、本当ははまだまだ子供。
それに気づかない10代の無知と残酷性が恐怖を呼び起こす。
背筋の寒くなるような冷たさのある作品です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:56 | category: 作家名 た行 |
# ハナとウミ
ハナとウミ
ハナとウミ
大道 珠貴
ハナとウミ/大道珠貴
双葉社
1575円
評価 ☆☆
なんか、この世界あきたね。
ハナ16歳、ウミ15歳、父親違いの姉弟。
青春を満喫中の母を訪ねて沖縄へ。
ふたりなのにひとり。ただ漂う、南の島で…。
「成長」をテーマに綴る物語。




(感想)
ハナとウミは異父姉弟。
自由奔放な母が沖縄おてんきにいることを知り、
二人はそれぞれ別々に沖縄に向かいます飛行機
沖縄の開放的な空気に触れ、
なんとなく諦めの人生を過ごしていた二人に変化が訪れて・・・といったストーリー。

沖縄という地には人を明るく変えてくれる不思議なパワーがあって、
二人も導かれるかのようにかわっていくのですが
作品と著者の未熟さ、底の浅さが気になりましたモゴモゴ

中途半端に童話チックあせあせ
おそらくよしもとばななの「海のふた」や「なんくるない」のような
作品が書きたかったんだと思いますが、あれに比べると全然浅い。
二人の本質的な成長は感じられないのに、
なんとなく前へ良い方へと進ませている妙な展開。
違和感を感じずにはいられませんでした。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
海のふた/よしもとばなな
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:10 | category: 作家名 た行 |
# 人生の楽園 新しい生き方の提案
人生の楽園―新しい生き方の提案
人生の楽園―新しい生き方の提案
人生の楽園―新しい生き方の提案/テレビ朝日「人生の楽園」(編)
講談社
1680円
評価 ☆☆☆
あなたもできる自分の夢を実現する生き方。
テレビ朝日系列テレビで毎週土曜夜6時から大好評放映中の人気番組を単行本化。
自分の好きなことに没頭しながら、
第二の人生を送る7組の夫婦の羨むべき暮らしぶりを紹介。



(感想)
この番組は自分の夢を実現して、
楽しく実りのある第2の人生を送っている方達にスポットを当てた番組で、
毎週1家族が紹介されています。

夢の実現・・・
それに必要なのは時間でもお金でもなく“行動力”なのではないでしょうか。
この本を読んでそれを強く感じました。
読んでいるだけで読者さん自身のそれぞれの夢も
どんどん膨らんでくる本だと思いますぴかぴか

でもやはり本家のテレビ版の方が楽しいたらーっ
テレビテレビだと、
夢を実現した人の幸せそうな笑顔や
実現させた夢の“形”も映像として見ることができるので、
より伝わるものが大きいのは事実だと思います



●この本を好きな人におすすめなのは・・・
DASH村からワシが伝えたかったこと 三瓶明雄の知恵/三瓶明雄、太田空真
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:38 | category: 作家名 た行 |
# セイジ
セイジ
セイジ
辻内 智貴
セイジ/辻内智貴
筑摩書房
1470円
評価 ☆☆☆
純粋であるがゆえに、不器用な生き方しかできない男たち。
彼らの思いがけない言葉と行動によって、
人びとは人生の真実を知ることができる。
「セイジ」と「竜二」。ふたつの作品集。



(感想)
「セイジ」と「竜二」。
それぞれ社会に順応できず、
不器用な生き方しかできない男を主人公にした物語を2編収録しています。

セイジの生き方・考え方、
そして静かな日常に起こった悲しい事件、
セイジのとった衝撃的な行動・・・。

読者はセイジを通して“人生の意味”を考えさせられますが、
本の中には具体的な答えが提示されていません。

セイジもそれを探して模索しながら生きていた。
この本でセイジと出会ったのをいい機会に、
少し立ち止まって見つめなおしてみるのもいいかも猫2

静かな町で繰り広げられるちょっといい話・・・
まさに辻内智貴ワールド!

辻内さんはこちらが恥ずかしくなるほどくすぐったい、いい話を書く人
もっと注目されてもいいような気がするのですが・・・たらーっ



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
告白/町田康
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:17 | category: 作家名 た行 |
# スローワーク、はじめました。
スローワーク、はじめました。
スローワーク、はじめました。
谷田 俊太郎, 宮沢 豪
スローワーク、はじめました。/谷田俊太郎
主婦と生活社
1470円
評価 ☆☆☆☆☆
移動雑貨屋、屋台のパン屋パン
週末だけの古着屋Tシャツ、個人の自動車教習所車など、
自分のやり方で好きな仕事をはじめた24人のスタイルを紹介。
「ビジネス」とか「起業」といった力の入った言葉とはほど遠く、
大変だったり収入が以前より減ったりしていても、
生き生きと楽しく働く姿に勇気と元気がもらえます。



(感想)
スローワークとは、自分のペースで好きな仕事をすること。
移動雑貨屋・個人教習所・週末だけの古着屋・・・など
独自のスタイルでチャンスや成功をつかんだ24名が
その秘訣を語ったインタビュー形式の本です。
20〜30代くらいの、自分と同世代のひとたちががんばる姿を見て、
とても刺激を受けました。

ここに登場する方々はみんな輝いているぴかぴか
やりたいことがやれるということは幸せなことハート大小
貧乏をしてもそれでも幸せといえる人生の充実感が
とてもよく伝わってきます。

スローワークって現代にマッチした働き方なのかもしれません。
もしかしたら“既存の職業”ということにこだわらないことが、
本当にやりたいことを見つける近道なのかもしれない・・・。

この本を読んで、
この発想で自分を見つめたことによって、
自分の道を見つける人も多いことと思います。

迷っている・わからない・・・
将来に焦りと不安を抱えている若い方に読んでほしい。
もしかしたら、この本読書がきっかけになるかもしれません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:46 | category: 作家名 た行 |
# 楽楽焼酎
楽楽焼酎
楽楽焼酎
楽楽焼酎/玉川美沙
株式会社 ぴあ
1050円
評価 ☆☆☆☆
もっと楽しく焼酎を飲むには?
注文のしかたは?
合うおつまみは?
欲しい焼酎を手に入れる方法は?
人気ラジオパーソナリティーであり、
「焼酎アドバイザー」でもある玉川美沙さんが全ての疑問に答える
初めての人でも楽しめる焼酎入門ガイド!


(感想)
著者の玉川美沙さんは本職はラジオパーソナリティ音楽
しかし焼酎好きが高じて『焼酎アドバイザー』の資格まで取った人です。
そんなこだわりの人・玉川さんが
焼酎生活を楽しくするためのきっかけを与えてくれるエッセイ風・焼酎ガイド。

焼酎アドバイザーとしてのプロの視点。
好きなお店でおいしい焼酎を楽しみたいという客としての視点。
どちらも持っている人なので、
売る側・買う側どちらの側に立っている人にも参考になると思います。

口語体で書かれた文章は明るく、
さすがラジオパーソナリティラブと感じさせられます。
まるで焼酎に詳しい素敵なお姉さんから親切に教えてもらっているような、
そんな雰囲気のいい本でした。

玉川さんがセレクトしたおすすめの焼酎、
焼酎に合うお料理レシピなども載っているので参考にしてください。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:52 | category: 作家名 た行 |
# 勇気凛々
勇気凛々
勇気凛々
高杉 良
勇気凛々/高杉良
角川書店

評価 ☆☆☆
放送局の型破り営業マンとして実績を上げていた武田光司は、
サラリーマン生活にあきたらず、独立する。
経営者として持ち前の明るさと根性で困難を乗り越え、
信用を得たイトーヨーカ堂の成長と共に、
見事にベンチャー企業を育て上げた男のロマンを生き生きと描いた力作長編。

(感想)
実在の人物を実名でモデルにしているということなので、
描かれていることのほとんどは事実に基づくことなのでしょう。

ここまでトントン拍子に会社が成長したのは
武田さんの経営能力もさることながら
人との出会い」にツイてたともいえます。

人を助ければ自分が苦しんでいるときに返ってくる。
また、人を裏切れば同じような仕打ちを受ける。
成功の影にあるのは人として最も基本的なことであると知らしめられました。

実話なので仕方ないのですが、
話がうまいこといきすぎて小説の面白みには欠ける気はしますたらーっ
けど、経営を学ぶ上には手軽な本なのではないでしょうかぴかぴか
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:53 | category: 作家名 た行 |
# 雑貨をつくる仕事
雑貨をつくる仕事
雑貨をつくる仕事
瀧 清子
雑貨をつくる仕事/瀧清子
主婦の友社

評価 ☆☆☆
ものをつくることを天職とし、作品づくりに打ち込むアーティスト。
雑貨ショップ経営と両立させ、つくることと売ることを結びつけている人。
創作からプロデュースまでこなしマルチに活躍する人。
企業のなかでものを生み出す人…。
身近なものをつくる多様な雑貨アーティストを紹介。
アーティスト作品歓迎の全国ショップガイドなど役立つ情報も満載。

(感想)
私は以前、全国展開している雑貨ショップの販売スタッフをやってました。
仕事内容は仕入れと販売です。
結婚退職したけど、やはり雑貨がスキ揺れるハートです。
この本を読んで改めて「私は雑貨の仕事が好きだ」と感じました。

一言で「雑貨の仕事」といってもいろんな道がありました。
どんな学校を出て、どんなプロセスを経て
今の彼女たちがあるのかがわかりやすい言葉で書いてあり、とても参考になります。
私のように主婦の余暇を利用してやりたいなんて考えは甘い!
「そういう人とは取引していない」と憧れのショップオーナーはおっしゃってました。
そして自分の創作能力も考えてみると、
やはり私はアーティストより仕入れて販売する方が向いているとわかりました。

雑貨の世界はかわいらしさに憧れる若い女の子は多いと思います。
けど、たとえば販売だけ見ても、
陳列や仕入れは意味肉体労働ともいえる過酷な仕事です。
現実をしっかりと見て、将来を決めるためにこの本をぜひ参考にしてくださいウィンク

ひとつ残念なのは、雑貨好きの読む本なのにカラー写真カメラがないことですね。
ハイジの藤永さんのファンなので作品がカラーで見れないことが残念あせあせ
だから星は3つです。
カラーだったら5つだったのに泣き顔

●この本を好きな人におすすめなのは・・・
スローワーク、はじめました/谷田俊太郎
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:25 | category: 作家名 た行 |
# ムーミンを読む
ムーミンを読む
ムーミンを読む
ムーミンを読む/冨原眞弓
新潮社
1575円
評価 ☆☆☆☆
講談社から出ているムーミン童話(全9巻)をもとに、
キャラクターたちの深層心理や心の奥底を、
作者・トーベ・ヤンソンの人生と対比させながら読み進める本。
パパの奔放さ、ママの孤独、自己完結型のミイ、
時に自由より義務を選ぶスナフキン・・・・
ムーミン谷の奥は深い!!

(感想)
大人のムーミンファン向けの本です。

私は大人になってから始めて講談社のムーミン全集を読もうとチャレンジしたのですが、あれは大人向けの一般小説に慣れ親しんでいる者には少々子どもっぽい汗
ムーミンの世界は大好きなんだけれど、私には2巻までが限度でした冷や汗

しかしこの本は、その全集の「ダイジェスト版」ともいえる内容で、
キャラクターの深層心理まで深く語る大人な内容!

私のいちばん好きなキャラは「臆病者のスニフ」なんですけど、
この本を読んでミイのかっこよさに気づきましたポッ
もしかしたら著者はミイ贔屓なのかもしれません。
とにかくミイのかっこよさがひときわ強調されている気がします。

私はミイというキャラを今まで「気が強い意地悪な女の子」と捕らえてきたけれど、
この著者は「クールでドライでハードボイルド。状況にあわせた言葉なんて選ばない。思ったことは口にするし、思わないことは言わない。あたしはあたし。だからミイ。」とミイを評している。

ね、かっこいいでしょ!?

私がしびれたミイの言葉。
あんまりおどかされすぎて、姿がみえなくなってしまって女の子にミイがはなった一言です。

「あんたね、たたかうってことをおぼえないうちは
 自分の顔なんてもてやしないのよ。」


●この本を好きな人におすすめなのは・・・
ムーミン谷の名言集/トーベ・ヤンソン
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:28 | category: 作家名 た行 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links