隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 旅の途中
旅の途中
旅の途中
スピッツ
JUGEMテーマ:読書

旅の途中/スピッツ
幻冬舎
1500円
評価 ☆☆☆☆
スピッツ結成20周年にあたり、
結成からの足跡を辿る貴重な書き下ろし。
彼らがめざしてきたこと、守ろうとしてきたこと、愛してきたものは何なのか。
今や日本を代表するロックバンド・スピッツが結成されたのは1987年。
いまからちょうど20年前。
四人のそれぞれの胸に去来するスピッツへの思いとは・・・。




(感想)
私がスピッツに出会ったのは13年前のある秋の日の夕方です。
その日のことはとてもよく覚えていて、
その一曲ですぐに好きになったけど、
まさかその半年後にスピッツは大ブレイクぴかぴかして、
ミリオンセラーアーティスト王冠2になるなんて思いもしなかった。
でも、それよりもっと予想できなかったのは
まさか自分がその日から今日までの13年間、
そしておそらくこれから一生、このバンドと生きていくことになるってこと!

この本は以前、
ロッキング・オン社から出た単行本「スピッツ」とはまったく毛色の違うもので、
写真もなければ、装丁にお洒落な仕掛けがあるわけでもない。
シンプルに4人への長いインタビューを文章化した真摯な内容。

メンバー4人の出会い、インディーズ時代、念願のデビュー、
スピッツバブル、マイアミショック・・・そして現在。
この本はファンなら当然知っているであろうこの20年のエピソードに、
当時の彼らが何をどう感じていたのかを細かく肉付けしていくような本でした。
ファンが知りたかった彼らの本当の気持ちなどもとても丁寧に綴られてはいます。

・・・・でも、私には違和感がありました。
普段、テレビテレビや雑誌読書のインタビューで彼らに触れ、
ライブ会場で彼らの生の言葉を聞いているファンなら
最初の数ページを読めば「あれひやひや」って思うはず。
うーん、この違和感を表現するのは難しいけど
一人称で書かれているけど、どこか文章がよそよそしいんです。
「こんな言葉の使い方、マサムネはしないよ」とか感じちゃうような、
メンバーの血が通ってないような作文みたいな文章なんですよね。
4人それぞれの個性も文章からは感じられません。
インタビューそのままの、彼ららしい言葉で書かれていればなおよかったのに・・・。
ま、これはスピッツのメンバーが悪いわけじゃない。
彼らの言葉を構成して、まとめた人の失敗ですね・・・。

悲しいことに「ロビンソン」で売れたことでスピッツの苦悩ははじまります。
そして模索の中、やっと自分たちの音に近づけたその日に
あの「マイアミショック」が起こる。
でもその事件も、私がファンとして絶対納得できなかったあいのりテレビの主題歌の件も、
結果的にはバンドを良い方向へ導くきっかけとなっているから不思議です。
あれもスピッツがミュージシャンとして残っていく上で必要なことだったんですね。

私にとってどのアルバムにもそれぞれ好きなところがあって、
どれもすべてが大切なものだけど、
すべてがすべてを楽しんで作ってたわけじゃないってのは
聴く側には結構ショックかもひやひや
しかも、最もセールスの良かった時期のものほど苦労や迷いは多い。
この本は各章にタイトルがついてるんだけど、
そのタイトルに「幸福」とつくのはブレイク前のノッてた時期だけ・・・。
「ささかなな成功で十分だった」という言葉は今だからこそ重く感じる。
そして、ちょうどそれは私がスピッツに出会った時期と重なっている。
この時期のスピッツに引き寄せれた私はファンとしても幸せなのかもしれない。
13年間。たぶん家族の次に私にとって大事なものだった。
友達や恋人といるよりスピッツ聴いてた時間の方が長かった。
今の自分の感性と価値観があるのは間違いなくスピッツを聴いていたからだしね。

私たちは単純に新作CDがでれば喜び
「あの曲が好きニコニコ」「あれはイマイチ汗」と無邪気に批評するけど、
その一曲一曲の裏にはいろんな思いがある、苦悩がある。
それだけは覚えておかなきゃいけないね。

リーダーはいつもマサムネへの評価を惜しみなく言葉にする人です。
私はそのリーダーの素直さが大好きで、
リーダーのマサムネ賛辞に泣かされたことはもう数知れずあせあせ
この本読書も、最後はリーダーのそんな言葉で締めくくられる。
また今回もリーダーに泣かされちゃったよ。・゚・(ノД`)

この本を読んで、
久しぶりに古いアルバムCDも聴いてみたくなりました。
不思議なことにこれを読んで以降、
今まで聞き逃していた細かい音が自然に耳に入ってくるようになったびっくり
私もまだまだファンとして旅の途中。
これからもついていきますおはな



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
 スピッツ/スピッツ
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:31 | category: 作家名 さ行 |
# 最愛
最愛
最愛
真保 裕一
JUGEMテーマ:ミステリ

最愛/真保裕一
新潮社
1575円
評価 ☆☆
何年も音信不通だった姉が、意識不明で救急病院病院に搬送された。
重傷の火傷、頭部の銃創。
それは婚姻届指輪を出した翌日の出来事だった。
しかも、姉が選んだ最愛の夫は、かつて人を殺めた男……。
姉の不審な預金通帳、行方不明の夫。
「姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ……」
姉に隠された秘密とは。



(感想)
まるまる一冊を使って
「姉はどれほど正義感の強い女性だったのか」を語りつくします汗
姉の美談がえんえんと聞かされてるようで、次第にうっとうしくなり、
私にはどうもダメでした。

姉が関係した多くの男性はそれぞれまったく違うタイプに思えるし、
どうも彼女は男を見る目はなさそう。
でも彼女は彼らの中にたった一人の忘れられない男の面影を感じ続けていた・・・。
最後の最後にわかる真実がB級すぎてガッカリ[:ふぅ〜ん:]
なんて安っぽさ(-"-)
こんなとってつけたようなオチはあんまりじゃない!?
どの登場人物にも共感も、愛情もまったく感じないしょんぼり

タイトルの「最愛」、真っ赤な装丁・・・。
すべてがわかった時、
このねちっこさがどんよりと読書の胸に重くのしかかります(-_-;)
| comments(2) | trackbacks(0) | 10:45 | category: 作家名 さ行 |
# ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
島田 紳助
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学/島田紳助
幻冬舎新書
735円
評価 ☆☆☆☆
僕のビジネスは金儲けが目的ではないから常に冷静沈着で、
判断が鈍ったり目が狂うこともない。
店が成功するたびに、僕は自分にささやく・・・
「ほらな、僕は間違っていなかったやろと」。
25年以上も前から自らの手でビジネスを起こし、
未だに一つも失敗したことがない著者が明らかにする、
全業種応用可能な経済哲学!!



(感想)
ビジネスにおいて、顧客満足度は最重要であると思えるけれど、
紳助さんはそれよりも従業員満足度の方が重要だと考える。
たしかに従業員に過酷な労働や不正を強いるような職場であれば
内側から腐っていくのは必至であり、
嫌でもその悪い雰囲気はお客さんへと流れていく。

従業員の心からの笑顔の見える職場・・・。
お笑い芸人である紳助さんらしい考えですよねぴかぴか

後輩思いなところとか、
人間関係のうまさもビジネスに活かされてしね。

斬新な発想や遊び心を仕事にどんどん取り入れるところがさすが紳助さん。
自分が気に入ってるお店から素直にヒントをもらいつつも、
絶対に人と同じことはしない。
テレビでテレビ見られる紳助さんのイメージがちゃんとビジネスに反映されてるんだなぁ猫2

ビジネス本でありながらさらっと読めて、
どの業種の人にも参考になる本でした。

やっぱり島田紳助って頭いいっニコニコ
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:53 | category: 作家名 さ行 |
# 冬至祭
冬至祭
冬至祭
清水 義範
冬至祭/清水義範
筑摩書房
1995円
評価 ☆☆☆☆
戸田はテレビ局テレビの報道局プロデューサー。
仕事は順調すぎるほど順調で、
気の休まる暇もないが毎日は充実している。
家庭は妻の今日子に任せてあるので安心だ。
しかし息子・拓人が学校学校へ行くことが出来なくなっていた。
不登校、昼夜逆転の生活、リストカット。
責任を感じた今日子も様子が変になっていく。
家庭が壊れはじめた時、
仕事一筋だった父親にできることとは・・・。



(感想)
仕事一筋で家庭はすべて妻任せの夫。
人生に挫折し、息子に期待をかけることが生甲斐の妻。
母親の期待が重圧になり、不登校や自殺未遂をしてしまう中学生の息子。

バラバラの家庭が、
息子の不登校をきっかけに再生していく物語です。

はじめて家庭の問題と向き合うことになった父親は
大胆な選択をします。
これがあまりに極端すぎて(しかも途中で想像がつく)
作り過ぎな気もする。
最後の最後にやうとタイトルでもある「冬至祭」に触れ、
そのへんが少しバタバタしちゃうんだけど
「終わりよければすべて良し」の気持ちのいい作品でした。

息子が中学生のわりに素直すぎるけど、
いい子なだけに母親の期待を真剣にとらえてしまうんだろう。
母親がボランティアにのめり込んでいくのもありそうな話で怖い。
人ってこうやって宗教(ここではボランティアだけど)にのめり込んでいくんだろうな。

「家族の再生の物語」ではあるけれど、
この家族ははじめから家族なんて呼べるようなものじゃなかった。
ここから家族になっていくんだ。
その点で希望の感じられるラストでした。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
砂漠の船/篠田節子
| comments(2) | trackbacks(0) | 11:05 | category: 作家名 さ行 |
# 野ブタ。をプロデュース
野ブタ。をプロデュース
野ブタ。をプロデュース
白岩 玄
野ブタ。をプロデュース/白岩玄
河出書房新社
1050円
評価 ☆☆
舞台は教室学校
プロデューサーは俺。
いじめられっ子転校生(キモチ悪いほどおどおどしたデブ)を
人気者にすべく、
俺はプロデューサーを買って出た!!



(感想)
ああ・・・。
なんだか私、
文藝賞王冠2がらみの作品にはついていけなくなってきました汗
これも例外なくそうひやひや

中高生がこれをおもしろいという感覚はわかる気がするけど。
どうなんだろう・・・
これで笑えないのは私の年齢のせいでしょうか?

てか、これで笑えるなんて
幼稚な証拠でしょ。

文学的なセンスというよりは、
頭のキレる、ちょっと口の達者なお兄ちゃんが
ノリで書いたような印象を受けました。

この年代の若者の持つドライな面や
残酷性はリアルに描かれていると思います。
あながちこれが現実なんでしょう。

でも薄い。
あまりにも薄っぺらい。

充実した人間関係や社会とのつながりを
はじめから拒否している主人公が最後にどうなるか・・・

ザマーミロな展開なのでそれだけは期待してくださいイヒヒ

主人公は計算して、
かっこいい人気者を演じてきたつもりだったんだろうけど、
計算してること自体、ガキの証拠。
コイツはクラスの誰よりもガキノーノー

正直、最初の5ページでリタイヤしそうになったけど
なんとか持ちこたえた。

最後には友情や青春、
本当の自分を隠さないとクラスの中では生きていけなくなるような
そんな現代の若者について深く考えてしまいました。



●この本を好きな人におすすめなのは・・・
黒冷水/羽田圭介
平成マシンガンズ/三並夏
蛇とピアス/金原ひとみ
| comments(0) | trackbacks(1) | 10:11 | category: 作家名 さ行 |
# 解夏
解夏(げげ)
解夏(げげ)
さだ まさし
解夏/さだまさし
幻冬舎
1501円
評価 ☆☆☆
東京で小学校の教師をしていた隆之は、
視力眼鏡を徐々に失っていく病におかされ、
職を辞し、母が住む故郷の長崎に帰った。
懐かしい町を目に焼き付けようと日々歩く隆之の元に、
東京に残した恋人の陽子がやってくる。
陽子の将来を憂い、この先の人生を思い悩む隆之だが・・・。
表題作を含む、4編の短編集。



(感想)
歌手ムードのさだまさしさんの著作で、
表題作の「解夏」は映画化・ドラマ化でも話題になりました。

「解夏」は愛する者が徐々に視力を失っていく難病病院にかかり、
それを受け入れて見守るしかない人々の強さと優しさ、
そして難病に立ち向かう男の恐怖と悟りを描いています。

「秋桜」は日本の農家植物に嫁に来た
フィリピンの女性の心の支えになった日本人の温かさ。
また、その逆に差別や偏見の根深さ。

「水底の村」は失っても忘れられない感情と愛の深さ。
故郷を思う心。

「サクラサク桜」は失おうとしているときに
はじめて気づく家族の意味。

4編とも人間の優しさとあたたかさに触れる
じんわりといいお話ですニコニコ

ただ、どれもすごく良いお話なのだから
もう少し先まで読ませてほしかった!
どのお話も続きが非常に気になる幕切れで、
寸止めされたようなもどかしさが残りましたたらーっ

どれも長編でしっかり描いてほしいと思える内容の濃いお話なのに
もったいないたらーっ


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
明日の記憶/荻原浩
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:51 | category: 作家名 さ行 |
# 生きながら火に焼かれて
生きながら火に焼かれて
生きながら火に焼かれて
スアド, Souad, 松本 百合子
生きながら火に焼かれて/スアド
ソニー・マガジンズ
1680円
評価 ☆☆☆☆
中東シスヨルダンの小さな村。
学校学校にも通わず、
鞭で打たれながら奴隷のように働く17歳の少女スアド。
恋愛は死に値する行為と知りながら、
それでも恋する気持ちは止められなかった。
今なお虐待と死の危険にさらされている女性たちの、衝撃の記録



(感想)
スアドは17歳のときにある男性に恋をしました。
感情は止めることはできず、家族に隠れて彼と会った。
たった数回の秘密のデート。
そして妊娠・・・。
その結果、彼女は火あぶりにされてしまう・・・。

女性は家畜以下の扱いをされるこの小さな小さな村で、
この罰は当たり前でむしろ「正しいこと」とされる・・・
その現実に驚愕しましたどんっ

感情、ましてや恋をする気持ちなんて抑えることはできないのに、
それすらも罪になってしまうなんて・・・。

恋をするという素敵な経験をした少女が「娼婦」と呼ばれ、
厄介者扱いされる。
そしてその少女に制裁を加えたものは「英雄」となれる。
こんなの明らかに間違っていると思います。
性別の違いで、
命の重みも違ってくるなんてことは絶対にあってはならないはず・・・。

だけど・・・
そう感じるのは私がこの平和な日本で生きているから、です。
兄や弟と差別されることなく愛情をかけて育てられ、
自由な恋愛ができる私たちだからそう思うんです。

よく「よその家庭の問題には口を出さないほうがいい」などといいますが、
この問題も私たちが口を出してはいけない問題なのかもしれません。

女性がひどい扱いを受けることは
この村に昔から伝わってきた習慣・文化であり、
その歴史を私たち(よそ者)が批判する権利はあるのか、
それはとても難しい問題だと思います。

私にできること。
それは、この村の人々が
一日でも早く命の平等に気づく日がくるのを祈ること。

そして、今現在、愛する家族と暮らしているスアドの幸せを願うこと。
それくらいかな?

この日本に生まれたこと。
それはとても幸せなことなんだと改めて思えました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:00 | category: 作家名 さ行 |
# 家族善哉
家族善哉
家族善哉
島村 洋子
家族善哉/島村洋子
講談社
1659円
評価 ☆☆☆☆
大阪の母と娘が、なんと高校の同級生に――。
高校2年で中退して娘赤ちゃんを産んだ母親が、
一念発起で娘と同じ高校に再入学びっくり
娘とクラスメートになり、
1つ下の学年には息子までも!?
大阪らしいヘンな家族の笑いと涙の物語。


(感想)
高校生で妊娠をして学業を断念した母親が、
もう一度学業に復帰する決心をし、
高校生学校になる。
しかも娘と同じクラスに!
一つ下の学年には息子もいて・・・という、
絶対ありえないようなシチュエーションがおもしろい楽しい

娘より勉強もできてクラスの人気者の母。
娘がひそかに憧れているクラスメートはどうやら母が好きらしい・・・
この娘の心情はたまんないですよね〜たらーっ

子供たちと同じ「高校生」になることで、
母親は高校生にならなければ気づかなかったであろう子供たちの一面が見えてきます。

そして、子供たちも同様に母の新しい顔もみつけていく・・・。

大阪の言葉で書いてあるせいか、テンポよく読めました。
ユーモアに溢れていてとても楽しい作品ですラッキー
テレビテレビドラマ化したらよさそうな気がします!
| comments(0) | trackbacks(1) | 10:33 | category: 作家名 さ行 |
# はずかしい
はずかしい
はずかしい
白石 公子
はずかしい/白石公子
白水社

評価 ☆☆☆☆
ケーブルテレビテレビの番組は何度も再放送してくれるので、
ちょっと気に入ってしまうと、
展開がわかっているのに何度も見てしまう。
そういえば昨日のアメリカン・コメディは4回も見てる・・・。
40代のひとり暮らしを綴ったエッセイ集。



(感想)
白石さんには申し訳ないけど、
40代独身一人暮らし」・・・という状況が
なんともいえず作品を盛り上げるのに効果的でした猫2

「あぁー!!それ、わかる!!」と共感する部分もとても多いです。

「ホヤのさばき方がわからない」
「ズボンがパンツ、パンツがショーツという呼び方に変わっていったことについていけてない」
など、「恥」を素直に書いてあるからこそ好感も持てるし、共感もできました。

ムーミン好きの私としては、
最後の章で白石さんの熱いムーミン論を聞けたのもうれしかったですニコニコ

明石家さんまは頻繁に口唇ヘルペスにやられている。特に忙しいクリスマスから年末にかけて」という部分で爆笑楽しい
そんなことまったく気づきませんでした。
見ている人は見てるんですね見る
着眼点も冴えている方だと思います拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:37 | category: 作家名 さ行 |
# バンビの剥製
バンビの剥製
バンビの剥製
鈴木 清剛
バンビの剥製/鈴木清剛
講談社
1575円
評価 ☆☆☆
コミュニケーションのとれない同居人の姉は、
ある日突然、マンションビルを買って出ていったびっくり!!
からっぽの部屋に残されたのは“バンビの剥製!?
結婚?自立?成長?現実の決断に戸惑いながら進んでいく毎日を、
独特のリズムで描いた、27歳<ぼく>の物語


(感想)
シュールでかわいい表紙。
バンビちゃんのかわいさにやられて手に取りましたハート大小
今時のどこにでもいるような若者の日常を描く作品です。

特に大きな出来事もなく、ただ淡々と流れていきます。
それがまるで自分の周りにいる誰かの生活を覗き見しているような感覚です。
もしかしたその「誰か」ではなく「自分」かもしれない・・・。

自立・結婚・・・これからの人生に漠然と悩む主人公。
不安はある。
けど、だからといって何か行動に出るわけでもない。
そんな何となく日々を繰り返しているだけの彼に、
自分を照らし合わせてしまう読者は多いと思います。

そんな誰かに一歩を踏み出す機会を与えてくれる作品かもしれません。

悩んでいても始まらない。
まずは一歩、踏み出してみよう足
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:34 | category: 作家名 さ行 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links