隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 月は怒らない
評価:
垣根 涼介
集英社
¥ 1,680
(2011-06-03)
コメント:なぜ男性たちはそこまで恭子に惹かれるのか、最後までわからなかった

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 月は怒らない / 垣根涼介
 ● 集英社
 ● 1680円
 ● 評価 ☆☆☆
多重債務者の借財の整理が生業。
仕事で訪れた市役所でこの女を一目見た瞬間、声を失った―。
バーで女がチンピラに絡まれて目の前で転んだ。
助け起こした瞬間、女の顔に釘付けになった―。
勤務先の交番の前の市役所に自転車で通う女。
結婚しているくせに私はいつもその女を探している―。
誰にも期待しない。夢なんて持ってない。だから生きるのラクだった。
そんな女になぜか惹かれていく、3人のロクデナシたち。


(感想)

はじめて読む作家さんです。

市役所に勤める25歳の女性・三谷恭子。
地味でちょっと影のあるようなこの不思議な女性に激しく惹かれる3人の男性の物語です。
とにかく主な登場人物が出そろうまでが長い!!
やっと本編がはじめるな・・・と思ったら、そこまででかなりのページ数を消費してて、
そこからはさらっと終わってしまったかんじです。
静かな大人のラブストーリーなんだけど、なんだかジメジメしてる。
ラストはきれいにまとまったけど、暗くてあまり好きではないかなぁ。

唯一、恭子が週末に公園で話をする老人の存在が物語をひきしめている。
その点は好感触です。 
| comments(0) | trackbacks(1) | 14:02 | category: 作家名 か行 |
# ほんとの野菜は緑が薄い
評価:
河名 秀郎
日本経済新聞出版社
¥ 893
(2010-07-09)
コメント:ほんとの野菜ってどんな野菜??知らなかった野菜の真相。

JUGEMテーマ:新書 
 ● ほんとの野菜は緑薄い / 河名秀郎
 ● 日本経済新聞出版社 日経プレミアシリーズ
 ● 893円
 ● 評価 ☆☆☆
有機マークが付いていれば農薬の心配はないのか、
「無添加」表示があれば安全なのか。
数ある情報の中からほんものを見分けるには?
農薬も肥料も使わない「自然栽培野菜」の普及に携わり続けた著者が語る、食を取り巻く衝撃の事実。
そして、自然の野菜に学ぶ真のナチュラルライフ、心地のいい暮らし方とは。



(感想)

あなたの知っている野菜の常識が覆される本です。

有機野菜こそが体にいい、本当の野菜と思ったら大間違い。
それ以上に確かな「自然栽培野菜」というものの存在を初めて知りました。
自然栽培野菜とは有機野菜栽培の先にあるもの。
有機栽培では牛のふんなどを肥料として利用するけれど、自然栽培はそれすらも必要としない。
肥料が入れるなどしてしまっては自然のバランスは不自然になってしまう。
自然栽培では土もナチュラルに、種も遺伝子組み換えなど行わないありのままのものを使う。
そうすることによって、本来の自然な形の野菜を栽培することができる。
長年、野菜を作ってきた人にはすんなりは受け入れられない話かもしれないけど、
そうした野菜を日常で食べることによって、人間の体も本来あるべき健康を取り戻せるというから驚き&納得です。

自然栽培をやる上でまず最初にやることは「土から長年、蓄積してきた肥料や農薬をぬくこと」。
この考え方は人間の体にも一致していて、目からウロコ。
人間の体にも日々、疲れや冷え・コリが体積している。
土だって人間だって生きている。ケアの仕方はまったく同じ。

けど、こうして今、身近に売られている野菜の恐怖を知ったとこで、
私達はまだ今の世の中ではその怪しげな野菜を食べ続けなければならない。
自然栽培の野菜は簡単には手に入らず、まだまだ高い。
毎日の生活に取り入れるには生活を圧迫しすぎます。

食に限らず、いろんなことで「昔のやり方を見直してみよう」という動きが高まっているし、
野菜作りでもそういう考え方が一般化すればなぁ。

野菜作りから人間が本来あるべき姿まで学べました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:22 | category: 作家名 か行 |
# おさがしの本は
評価:
門井 慶喜
光文社
¥ 1,680
(2009-07-18)
コメント:ちょっとマニアックすぎるかな・・・

JUGEMテーマ:小説全般
 ● おさがしの本は / 門井慶喜
 ● 光文社
 ● 1680円
 ● 評価 ☆☆
簡単には、みつかりません。
図書館とは迷宮・・・ここで一冊の本を探すということは果てしなく深いのです。
でも、ご安心ください。
優秀(でも、生まじめでカタブツ)な図書館員が、お手伝いいたしますので、
ぜひレファレンス・カウンターにお越しください・・・・。
図書館を舞台にした探書ミステリー。



(感想)

図書館を舞台にした本にまつわるミステリー。
こういうテーマの作品って多い気がする
しかも、本好きってこういう「本」とか「図書館」とかに異常に弱い
今回もまんまと釣られちゃったかんじ
 
図書館不要説を唱える副館長との戦いをベースにしつつ、
各章ごとに1冊の本を探すというスタイル。
けど、その肝心の本を見つけるまでの謎ときの部分が専門的すぎて、
読者の興味をそそるようなものではないのがこの本をつまらなくしている要因。
読み進めながら主人公たちと一緒に答えを導き出していく面白さが味わえないんですよね。
だから答えが見つかったところで解決した気持ち良さもない。
「ふーん、そうなんだ」で終わっちゃう。
完全に読者はおいてけぼり・・・

主人公の市議会での発言の一言もちょっとひっかかった。
「ただただ買うためのお金がもったいないというだけの理由で
 人気作家の新作をごっそり借り出す老人もいます。個人的には情けなく思う。」
これってどうなんだろう。何が情けないんだろう。「ごっそり」って部分か?
何かを調査したり、大学のレポートを書くためだけに図書館が存在するのではなく、
市の図書館なんて難しいこと抜きに、
あくまで市民の娯楽のために存在しててもいいものだと思う。
私もただただお金がもったいないから、
新刊はなるべく購入せずに図書館のお世話になっている人間なので、
もしかしたら図書館員の人たちの中には私を「情けない人」って思っている人もいるかもしれないのかぁ。

こんなことを情けなく思われるんだったら、図書館っていったい何なんでしょうね???
ほんとにほんとに図書館の意義を考えさせられる作品ですわ
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:44 | category: 作家名 か行 |
# すべては宇宙の采配
評価:
木村 秋則
東邦出版
¥ 1,500
(2009-07)
コメント:信じるか、信じないかはあなた次第です

JUGEMテーマ:読書
 ● すべては宇宙の采配 / 木村秋則
 ● 東邦出版
 ● 1500円
 ● 評価 ☆☆☆☆☆
無農薬リンゴ栽培の奇跡。
苦労の中で生まれた奇跡のリンゴと同時に、
木村氏自身に舞い降りた奇跡のようなスピリチュアル体験が。
スパイスは夫婦愛。
宇宙的・霊的な話ばかりではなく、
極めて人間的な泣けるエピソードを満載の奇跡のリンゴの物語


(感想)

木村さんは青森で無農薬・無肥料・自然栽培によるリンゴ栽培を行い成功している有名な方です。
はじめたころは全くうまくいかず、周囲のリンゴ農家に白い目で見られる日々でした。
でも、それでも木村さんが諦めなかったのは、
美味しいリンゴを作りたいという信念とともに、
信じられないような神秘体験を何度も経験し、その経験までも信じたから。
信じる者には奇跡は起きる・・・それを実感させられます。

宇宙人だとか臨死体験だとか、
そっち系の話題に興味のない(もしくは嫌悪感を感じる)人はその手の話は読むのさえ苦痛でしょう。
でもこの本はいかにもなトンデモ本ではなく、
一般の人にも受け入れやすい間口の広いスタイルの本に仕上がっているから読みやすいはずです。
それはおそらく、そんな体験をした木村さん自身が
ものすごくシンプルに当たり前のこととして受け入れているからなのではないでしょうか。

木村さんの無農薬へのこだわりには胸が熱くなります。
ただ単純に、「農薬などをジャンジャンつかわないと、本当に美味しいリンゴはできない」なんて、
そんな考え方はさびしいですよね。
ただありのままに、自然状態で成るリンゴこそが美味しいっていう
単純発想さえできないなんて・・・。
精神世界の世界では、今は地球の転換期にあるといわれています。
こういうことを事実として受け入れられるか柔軟さが、これからの地球には必要な気がします。

ここに書かれている出来事はリンゴ栽培だけにとどまらない大きなメッセージ
なのです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:24 | category: 作家名 か行 |
# 究極の焼酎を求めて
評価:
金本亨吉
小学館
¥ 1,365
(2008-11-14)
コメント:「焼酎ブーム」が去った今・・・なすべきこと・考えるべきこと

JUGEMテーマ:焼酎
● 究極の焼酎を求めて / 金本亨吉
● 小学館
● 1365円
● 評価 ☆☆☆☆☆
一躍ブームを巻き起こし、多くの新しいファンを生み出した酒・「焼酎」
ただし、光が当てられるより以前の味わいや地元での存在はあまり知られていない・・・。
流行に踊らされ、多くの情報が氾濫したことにより真実の姿とはかけ離れてしまった焼酎ブームもいまや終焉を迎えた。
しかし、焼酎のうまさはブームが去った今も変わらない。
その未来へ願いを込めた名物居酒屋店主の渾身の一冊。



(感想)

著者は東京都・池袋の居酒屋「BETTAKO」の二代目店主。
焼酎ブームにのって本や雑誌で焼酎の勉強をした人なら知らない人はいないでしょう。
ブームの頃はよく雑誌等に載っていらっしゃいました

ブームが終わり、焼酎の売り方も数年前までのやり方では通用しなくなってきている。
それを強く感じている今、私と同じく飲食業に就く著者の言葉に共感しつつ、
学びも多かったです。

“森伊蔵”“魔王”“村尾”のようなスーパープレミア焼酎は一度飲めば十分。
それらが他を圧倒するほど群を抜いて美味しいわけでもないことをもうみんな知っている。
いまはその段階を一段超えて、自分が本当に美味しいと思う焼酎を
好きな飲み方で飲む時代へと変わってきています。
名前で売れなくなった今こそが、自分が本当に美味しいと思う焼酎と向き合える時だと思うし、
だからこそ名前じゃなく中身で勝負しなければならず、売り方はさらに難しくなった。
そこをどうしていくかが各お店の課題になるんだよな〜。

著者や蔵元など、焼酎に深くかかわる人たちの座談会は読み応えがあります。
プロの目で厳しいことをはっきりと言っている。
これは究めた人でないと言えない言葉。

ネットオークションならまだしも、
一般の酒販店が人気銘柄を一般の人には手の届かないものにしてしまった現象も由々しきこと。
定価2000円程度の焼酎に10,000円以上の値段を付けて売ることに恥ずかしさはないのかね。

それにしてもこの人は研究してる。頭が下がる思いです。
たくさんの蔵元を訪ね歩き、その焼酎の魅力を最大限に引き出す飲み方を研究している。
ロックで飲むときに、ほんの少しの軟水を加えるとグッと美味しくなる・・・とか、
お湯割りやお燗を何度に設定すると美味しいかまで細かく記してあって、
この答えを導き出すまでの努力を考えるともう・・・・・。
“究める”ってこういうことなんだろうなぁ。

でも、なにもここまでする必要もないと思うんですよ。
流行や銘柄に惑わされずに、自分にとってベストの飲み方をすればいいんだよ。
“森伊蔵”がどれを飲んでもいちばん美味しくて、高いお金を出しても飲みたいと思うならそうすればいいし。
ただもっと気楽に楽しめればいいよね、お酒なんてそんなものでしょう?

著者と同じく飲食業に携わる者として、襟を正す思い
私も方向をあやまらずに頑張ろう
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:56 | category: 作家名 か行 |
# 思い出探偵
評価:
鏑木 蓮
PHP研究所
¥ 1,890
(2009-02-14)
コメント:真摯な真心があたたかい・・・思い出探偵。

JUGEMテーマ:小説全般
● 思い出探偵 / 鏑木蓮
● PHP出版社
● 1890円
● 評価 ☆☆☆☆☆
ここは「思い出探偵社」。
実相浩二郎は一人息子を亡くしたのをきっかけにこの探偵社を開業した。
刑事だった浩二郎は事件にかまけ、
悲しみにくれた妻がアルコールに溺れていくのにまったく気づくことができなかった。
しかし、これからは妻と向き合い、寄り添って生きていくために警察を辞めたのだ。
探偵社のスタッフはそれぞれ人の痛みや夢に真摯に寄り添える人間ばかり。
もう一度会いたい人が、あなたにはいますか?
小さなガラス瓶、古いお守り袋、折り鶴……、
少ない手がかりの中から依頼主の思い出に寄り添うハートフルストーリー。



(感想)

まったく知らない作家さんだったけど、
たまたま図書館で見つけてあらすじを調べてみたら面白そうだったので

誰にかにとってのかけがえのない思い出。
それにかかわる「もの」「ひと」、そして「こと」を探す手伝いをする思い出探偵。

思い出は時として心の支えになることもあれば、
その人のすべてを壊してしまうもろ刃の剣になることもある。
でも、その思い出がどちらに転がるにしても、その人の生きた証に違いない。
調査していくうちに、その思い出が依頼者の思っていたような美しいものじゃないとわかる場合もある。
それでも、この探偵社の面々は誠実に対応し、決してきれいごとで済ませない。
その真面目さはそれぞれに何かを秘めている真心のあるスタッフだからできること。
他人の思い出にかかわりながら踏み込むこともなく、
探偵社の人々が思い出と依頼者に対する距離の取り方に思いやりを感じました。

ハートフルにまとめた前半は雰囲気がとても素敵で、
中盤になるとちょっと緊迫感のある事件が起こります。
その突然の展開の仕方についていけない感はあったけど、
ある登場人物を成長させるには必要不可欠なエピソードだし、しょうがないのかな。

結末をキチンと描かずに、読者の想像にまかせるあたりで余韻を残してくれる。
これは著者の思いやり?この気配りもいいなぁ。

☆は4つにしようか迷ったけど、今後への期待も込めて5つ
第二章の「鶴を折る女」の美しいラストには思わず涙
思いがけず素敵な作品に出会っちゃいました
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:49 | category: 作家名 か行 |
# あねのねちゃん

評価:
梶尾 真治
新潮社
¥ 1,575
(2007-12)
コメント:ファンタジーっぽいけど、ちょっと怖くて笑えます。
JUGEMテーマ:小説全般
●あねのねちゃん/梶尾真治
●新潮社
●1575円
●評価 ☆☆☆
幼稚園のころ、極端に人見知りをした玲香には、
他の人には見えないけど、自分には見えるたった一人の友達「あねのねちゃん」がいた。
少しずつ友達ができはじめるとあねのねちゃんは消えて行き、
今はそれが想像の産物だと分かるが、当時は唯一の友達だった。
ところが、大人になり、失恋の痛手を負っていた玲香のもとに再び「あねのねちゃん」が現れる。
ファンタジックに展開するあなたの友達の物語。 



(感想)
イマジナリー・コンパニオン。
孤独な状態におかれている子供が、その境遇を補填するために作り上げる想像上の友人。

小さい頃に仲良く遊んで、玲香の孤独を埋めてくれた実在しない友人「あねのねちゃん」が
大人になった玲香の元にあらわれたことによって起こる騒動を描いています。
表紙もタイトルもかわいいから心温まるファンタジーかと思いきや、意外とブラックでした。
あねのねちゃんは玲香とはまったく正反対の性格で、
玲香が思いもつかない(できない)ようなことを平気でしてしまう残酷な面もある子で、
あねのねちゃんが玲香を傷つけた上司や元カレにするお仕置きは、
「おいおい・・・」と引いてしまうほどやりすぎ(>_<)
でも、あねのねちゃんは言ってのける。
「私がしてることは玲香ちゃんがしたいと思ってるのにできないことよ」と・・・。
こんな風に玲香は自分の本心をあねのねちゃんによって突きつけられていき、
このへんが大人の小説なのかなと思いました。

んー、でもお母さんの正体とか、お母さんとあねのねちゃんの戦いの場面あたりは
もう完全にマンガかB級映画みたい
映像ならまだしもこれを大人に活字で読ませるとは・・・。
これってもともとはケータイ小説の単行本化らしいし、
これじゃやっぱり一般の読書ファンから「所詮ケータイ小説なんか」って思われるのも仕方ないですね

無邪気だけどきちんと筋が通っていて、
100%自分の味方をしてくれるあねのねちゃんに再会したことで成長した玲香。
最後の彼女は見違えるほど強く、自分をもった女性になっていて、
終わりは気持ちのいいものでした。
あねのねちゃんのためにも玲香には幸せになってほしいです
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:49 | category: 作家名 か行 |
# 秘湯、珍湯、怪湯を行く! ―温泉チャンピオン6000湯の軌跡

評価:
郡司 勇
角川書店
¥ 930
(2005-09)
コメント:マニアックすぎる〜(笑)
JUGEMテーマ:温泉に行こう
●秘湯、珍湯、怪湯を行く! ―温泉チャンピオン6000湯の軌跡/郡司勇
●角川oneテーマ21
●930円
●評価 ☆☆☆☆
なぜ、そこまでして温泉道を極めようとするのか・・・・
その答えは「そこに湯が湧出しているから」。
今にも崩れそうな廃墟の湯、アンモニア臭の漂う湯など
「こんなとこに入るの」と目をうかがってしまうような写真の数々。
温泉チャンピオンが心から満足した“本物の温泉”が登場する温泉バカ一代



(感想)
この人はすごいの一言に尽きます。
私も自分のことを温泉好きだと思ってたんだけど、
郡司さん知っちゃったら恐れ多くてもう温泉好きなんて語れない
この本に載っている温泉のいくつかは私には絶対にムリです
恥ずかしいやら気持ち悪いやらでとてもとても・・・。
郡司さんの温泉魂に少しひきつつ、逆に尊敬の念も覚えつつ
私は成分表をしっかり見て分析したり、味まで確かめるなんて考えたことはないし、
温泉好きを語っていた自分が恥ずかしいです(>_<)

郡司さんは「癒すというより、攻めている感じ」という。
湯との対峙・・・私からすると「は?」という感じで、
もう湯との付き合い方が私達とは根本的に違うんですね・・・。
行ったことのある温泉も載っていたんだけど、
その珍しい特徴にまったく気付かず、ただ浸かっていたことを今になってもったいなく思います。

山道をテクテクと歩き、やっと発見した湯には浴槽などは存在せず、
持参した子ども用プールにその湯を苦労してためて温泉を楽しむ郡司さんを想像したら
思わず吹き出してしまいました(私の想像のなかでももちろん足は組んでいる)

写真の豊富で、立ち読みで写真を見るだけでも面白いです。
特に52ページの真ん中、80ページの上、81ページの下、85ページの下、139ページの3番目なんて
「クレイジー」としか言いようがありません

ここで見たいくつかは気軽に行ける距離にあるから行ってみよう
温泉の違う楽しみ方を学んだような気がします。
とりあえず美容にも良さそうなドロドロの泥湯には入ってみたい
もっと温泉極めるぞ〜
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:27 | category: 作家名 か行 |
# ひなのころ
ひなのころ (中公文庫 か 72-1)
ひなのころ (中公文庫 か 72-1)
粕谷 知世
JUGEMテーマ:文庫

ひなのころ/粕谷知世
中公文庫
680円
評価 ☆☆☆☆
ゆうべのことは、おひなさんとわたしだけの秘密なんだね…。
幼いころはお雛様やお人形とも話すことが出来た。
家族は病弱な弟ばかりを心配し、孤独を感じていた幼少時代、
将来が見えず苛立った思春期・・・。
懐かしい風景の中、主人公の風美が経験するちょっと不思議な出来事。
季節のおとないとともに成長する少女と家族を描いた物語。



(感想)
郷田風美という女の子の4歳、11歳、15歳、17歳・・・と綴られる成長物語です。
懐かしさの中にファンタジックな要素も含まれていて、
雰囲気はかなり私の好みでしたニコニコ

夜中に一人でトイレに行くのが怖かったり、
人形と話せるような気がしたり、
壁や床の模様が人や動物の顔に見えたり・・・。
誰もが思い当たるような懐かしいエピソードがちりばめられています。
懐かしい風景も、子供のころの些細な思い出も、
どれも自分にも思い当たることばかり!
四季折々桜の風景や、古き良き田舎の生活の描写が心地よくて、
こういう本を素敵だって思える気持ちは大事にしたいなーと思いました猫2

ウチも弟は子供のころは入院病院が多かったし、
両親も夜の仕事をしていたので、
孤独を感じていたかと言われればそうだったかもしれない。
いつも両親や弟に迷惑や心配をかけないようにと、
もしかしたら他人行儀に見えるかもしれないような生き方をしてきた。
愛されていないわけじゃないのに、
家族に甘えたり、本音でぶつかるのが苦手で、
なんでも自分の中で決着をつけて、諦めてしまうような子。
弟が亡くなるちょっと前に
「どうして姉貴はそんなに親に遠慮ばかりするんだ」と言われたことがあったけど、
本当にそうなの。
だから主人公の風美ちゃんには強く共感できた。
涙が出ちゃうくらいポロリまるで自分を見ているようでしたあせあせ


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
 りかさん/梨木香歩
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:52 | category: 作家名 か行 |
# ネットカフェ難民―ドキュメント「最底辺生活」
ネットカフェ難民―ドキュメント「最底辺生活」 (幻冬舎新書 (か-4-2))
ネットカフェ難民―ドキュメント「最底辺生活」
川崎 昌平
JUGEMテーマ:新書

ネットカフェ難民―ドキュメント「最底辺生活」/川崎昌平
幻冬舎新書
777円
評価 ☆☆☆
25歳のニートがある日突然、
実家の6畳間からネットカフェPCの1畳ちょっとの空間に居を移した。
仕事はパソコンで日雇いバイトを探し、
日中は退屈な労働に精を出す。
そして夜月はネットパックの深夜パックを利用して体を縮めて眠り、
延滞料金を取られぬように朝は早く起床。
しかし、目に見えないところで荒廃がはじまり・・・。
メディアが映しださない実録ドキュメント。



(感想)
この著者は、ネットカフェ難民にならなければならない状況ではないのに
自ら進んで突然この生活に入りました。
いわばこれは「一ヶ月のネットカフェ難民体験記」のようなもの。
そのせいか生きることへの切迫感がまったく感じられません。
いつでも帰れる家があり、それなりの学歴も能力もある。
難民生活をしながらも常に数万円の所持金があり、
食にも不自由していないとなるとリアリティがない。
その気になれば間違いなくきちんと定職につけるという人だもの
どうしても余裕を感じるのです。
それじゃあ「最底辺生活」じゃないですよねひやひや

時間もお金も余裕もある人が興味本位ではじめたネットカフェ難民生活。
それでしかない。
この生活で心得ておかねばならないことはある程度伝わったが、
本当にこの厳しい状況を生きている人とは根本的に違うので
深い部分には何も訴えてきません。
読み物としては面白いけど、
本当にこう生きるしか術のない人から見れば失礼以外の何物でもない話。
一ヶ月この生活をしてみてどうだったかの具体的な結論もなく、
おそらくこのタイトルに興味を持ってこの本を手にした人には
期待はずれの本なのではないかと思います。

一晩単位で安く泊まれるところがあって、
仕事も日雇いで簡単に探せる時代。
つまり堕ちていく限界ラインも低くなっているような気がする。
住む家を失っても、定職がなくても、手段としてこういう生活が残っている。
だからどんどん増えるんだろうなぁ。
むしろ、彼らに都合の良いシステムや施設は今後ますます増えそうたらーっ

けど、本当にネットカフェで生きるしかない人を小馬鹿にしてるとしか思えない著者にも
ひとつだけ評価したい面はある。
この人、ニートやネットカフェ難民にしておくにはもったいないくらい
文才鉛筆2はあります!
ちょっとした表現がすごく面白いし、本の構成もしっかりしてる。
手段と方向性さえ間違わなければ
きっと書く仕事でこの状況から脱出できる。
そんな気がしてなりません。
いつまでもこんなことしてないで、がんばってくださいグッド
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:04 | category: 作家名 か行 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links