隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# あした咲く蕾
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,600
(2009-08)
コメント:こころ温まるミステリー

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● あした咲く蕾 / 朱川湊人
 ● 文藝春秋
 ● 1600円
 ● 評価 ☆☆☆
美人だけど性格が悪い僕のおばさん。
一筋縄ではいかないへそ曲がりだったけど、でも彼女は正真正銘の天使だった。
なぜなら、自分の命を分け与えることができたから。
そんな特別な力を持っているくせに、人並み以上に情の深い人だから、
彼女はあんな最期を迎えることになったんだ・・・。
表題作を含む全7編を収録のノスタルジック人情ホラー。



(感想)

なつかしい昭和の匂いがしてくるような、朱川さんお得意のノスタルジーに浸れる作品集
成長した主人公が昔、経験した不思議な出来事を回想する形になっていて、
それがなつかしさを倍増させてます。

どのお話にも「死」が絡んでいるけど、人の優しさや絆に包まれているから悲しい気はしない。
むしろあたたかさを感じてしまう。
朱川さんのこういう味付けってほんとうに素敵。安心して読める作家さんですよね。

いちばん好きなのは「虹とのら犬」。
ラストのなんと鮮やかなこと

異色だったのは「カンカン軒怪異譚」。
朱川さんの作品から元気いっぱいな生命力を感じるなんて珍しくない??
中華鍋みたいな道具だって100年も代々大切に使われてきたら、
持ち主の「美味しいものでみんなを元気にしたい」って魂は宿るはず。
おばちゃんが力いっぱい鍋を振るカン!カン!って音が今にも聞こえてきそう

残念なのは「湯呑の月」。
主人公の女の子と、病弱なおばちゃまが、湯呑の中に入れた水の中に
夜空に浮かぶ月を映してお願い事をするというシチュエーションはとても素敵なのに、
その大好きなおばちゃまが主人公の目の前から突然いなくなってしまう理由が
あまりに陳腐で俗っぽかったのにガッカリ。
一気に美しくなくなってしまったーーーー。

ちょっと優しい気持ちに触れたくなったら、朱川さんの本を読めばいいのかもしれませんねっ
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:53 | category:    朱川湊人 |
# 本日、サービスデー
評価:
朱川湊人
光文社
¥ 1,785
(2009-01-21)
コメント:荻原浩さんっぽいなぁ

JUGEMテーマ:小説全般
● 本日、サービスデー  / 朱川湊人
● 光文社
● 1785円
● 評価 ☆☆☆
全ての人にはそれぞれに平等に一日だけ、すべての願いが叶う日がある。
それが、「サービスデー」。神様が与えてくれた、特別な一日。
本来はその日がいつなのかは教えてもらえないはずが、
セクシーな悪魔のイタズラで思いがけず知ることになったら・・・・・。
あなたなら何を祈る幸せを呼ぶ短編集。



(感想)

なんだか荻原浩さんっぽい作品でした。
「世にも奇妙な物語」にもありそう
でも・・・私が好きな朱川さんらしさは今回は出てないな

やはり読み応えがあるのはこの本の半分くらいをしめる表題作「本日、サービスデー」でしょう
全ての人に平等に、たった1日だけ与えられているという“サービスデー”。
自分ならこの1日をどう過ごそうか・・・と楽しい空想に浸りながら、
しかし自分の幸福が他人の不幸につながる場合もあることを実感しつつあれやこれや考えてしまった(笑)

んー、どの作品にも共通するのは「詰めの甘さ」。
圧倒的な読後感の悪さか、心が温まるような美しいラストか・・・。
そのどちらともとれない中途半端な仕上がりに満足度は低いです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:22 | category:    朱川湊人 |
# わくらば追慕抄
評価:
朱川 湊人
角川グループパブリッシング
¥ 1,785
(2009-03-26)
コメント:「わくらば日記」の待望の続編!!

JUGEMテーマ:小説全般
● わくらば追慕抄 / 朱川湊人
● 角川書店
● 1785円
● 評価 ☆☆☆☆
人や物の「記憶」を読み取れるという不思議な力をもった姉の鈴音と、お転婆で姉想いの妹ワッコ。
二人の前に現れた謎の女は、鈴音と同じ力を悪用して他人の過去を暴き立て、
鈴音に激しい憎悪を燃やしていた。
女の名は御堂吹雪・・・その冷たい怒りと憎しみに満ちたまなざしの理由は・・・。
昭和事件簿「わくらば」シリーズ第2弾。



(感想)
「わくらば日記」の続編です。
「わくらば日記」を読んだ時から絶対に続編が出ると信じてました

子供のころ、姉さまの不思議な力で謎を解いたあの頃から、もう50年近い年月が経ちました。
ワッコちゃんが当時を回想する形でノスタルジー感は前作の良さはそのまま、
古い時代の良さが味わい深く描かれています。

今回のポイントは新しい重要キャラクター・『薔薇姫』こと御堂吹雪でしょう
姉さまと同じような力(しかも姉さまよりも能力は高い)を持つ薔薇姫は、
その力を姉さまのように人のために使うのではなく、人の弱みを握ることに利用し悪事を働いています。
姉さまとは子供の頃に対面したことがあったらしく、姉さまとワッコちゃんに対して怒りを燃やしている。
でも、二人はその理由に思い当たらない・・・。

薔薇姫は強烈なキャラクターで、この人と姉さまとの戦いが今作のメインになるのかと思いきや、
彼女の出番は思ったほどは多くはなく、なんだかせっかく持ち出された問題を放置されたような感じ
彼女の謎はまだまだ多く、何にも解決していません。
どうやらこれは3作目への布石
シリーズ3作目は絶対にあると思います

過去に何があったとしても、
これからはまっすぐに生きて行こうする人々の真摯な思いが胸に響きます。
人の優しさがまぶしい作品。
その中に黒く咲き乱れる薔薇姫の存在が、今後を大きく左右しそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:58 | category:    朱川湊人 |
# いっぺんさん
いっぺんさん (いっぺんさん)
いっぺんさん (いっぺんさん)
朱川 湊人
いっぺんさん/朱川 湊人
実業之日本社
1680円
評価 ☆☆☆☆☆
一度ならばどんな願いでも必ず叶えてくれる神様「いっぺんさん」。
私としーちゃんはその神様を探すために自転車自転車で旅に出た。
その後、しーちゃんにふりかかった悲しい出来事・・・
そして私たち二人が神様にお願いした願い事とは・・・?
朱川湊人が本領発揮するノスタルジーと恐怖が融合した短編集。



(感想)
朱川湊人さんの本領発揮のノスタルジックホラー短編集。

強烈ではないんだけど、ジワジワゾクゾクくるような恐怖感が襲います。
子供の視点で描いたものが多いのですが、その恐怖は秀逸!
子供ならではの純粋な思いが込められ、心にじんわりと温かいものが残る一方、
彼らの幼さと想像性を存分に生かし、
私たちにも覚えのある、幼き日の恐怖感や冒険心に訴えてきます。

中でも表題作の「いっぺんさん」は出来過ぎな感はありつつも
気持ちのいい作品だし、
「山からくるもの」のラストは思わず鳥肌っ汗
「逆井水」のオチはわかってるのに笑えた楽しい

胸があたたかくなるようなものもあれば、
ゾーッとするような冷たいものが残るようなものもあり・・・
短いけどどれもすごく読み応えがありました。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
花まんま/朱川湊人
| comments(4) | trackbacks(1) | 11:03 | category:    朱川湊人 |
# 超魔球スッポぬけ!
超魔球スッポぬけ!
超魔球スッポぬけ!
朱川 湊人
超魔球スッポぬけ!/朱川湊人
幻冬舎
1260円
評価 ☆☆☆☆
幻冬舎のwebマガジンPCで連載していたものの単行本化。
連載をはじめるにあたり幻冬舎側から出た注文は
「内容はお任せしますが、書いている作品と正反対とも言える
その性格をストレートを出したもの」というもの。
つまりは自分の半生を振り返りつつ、
世の中のいろんなことを読者と一緒に笑い飛ばしていこうじゃないかと!!
ふざけたタイトルですが、ぜひあたたかい目で・・・ラッキー



(感想)
朱川さん方は結構読んでるんですけど、
まさか40代前半の方だったとはびっくり
やー、おじいちゃんだと思ってたからビックリ!
新鮮な驚きでしたね〜。

川上弘美さんあたりは
作品のイメージとエッセイからわかるその人の本来の性格がきれいに一致するけど、
朱川さんほど意外性のあった人はいないかも!?
結構面白いおじさんなのよね〜おはな

作品のコンセプト通り、
朱川さんの作品のイメージとはまったく違う笑える内容で、
主に青春時代の思い出に触れています。
特に朱川さんと同年代の方はフォ−クソングやウルトラマン、
仮面ライダーの話題には懐かしさで目頭が熱くなるのでは?(笑)
大爆笑はないものの、言い回しや表現にはニヤリとさせられますウィンク

各章の冒頭でイチイチ、ニートをけなすのはどうかと思うけど汗

朱川さんのイメージが壊れることは必須です。
これから違う目でこの人の作品が読めそう〜。
怖いもの見たさでぜひどうぞ!!
| comments(2) | trackbacks(2) | 10:21 | category:    朱川湊人 |
# 水銀虫
水銀虫
水銀虫
朱川 湊人
水銀虫/朱川湊人
集英社
1575円
評価 ☆☆☆☆
誰もが心の奥底に抱える水銀虫・・・。
彼等は寄生する人の心に宿り自殺へと導く。
水銀虫に導かれた者達の暗い一日を描いた7つの短篇集。



(感想)
「水銀虫」とは人の魂の中に入り込んで這いずりまわり、
やがて無数の穴をあけてしまう虫。

ある登場人物の空想から生まれたものなのか、
あるいはその人が本などから見つけた架空の虫なのかはわからないけれど
物語の象徴的な役割を担っています。
心が悪意で満たされた時に、
体を虫が這いずりまわっているようなイヤな感覚に襲われる・・・それが水銀虫です。

誰もが無意識にも抱いてしまう「ちょっとした悪意」
それがやがて大きくなり、水銀虫の入り込むスキを与えてしまう。
虫が肌を歩きまわる感覚がゾクゾクするほど伝わって、
鳥肌が少しずつ立つような静かな恐怖がジワジワ襲ってきますモゴモゴ

すべてのお話に共通することですが、
どれも最後まで解決しないナゾが残り、後味の悪い読後感。
(このイヤ〜な感じも計算なんでしょうが・・・)

ハンバーグディナーの話はトラウマになりそうです。
(実は2,3日前に食べたばかりなので余計に・・・)

3人の男の子男が山で説明のつかない生物に遭遇する話も怖かったあせあせ
あの生物の不気味さもそうなんだけど、
理性を失うプラス幼さゆえの残酷さが。

てか、図書館ではよく見なかったから気付かなかったんだけど、
この表紙怖すぎっどんっどんっ



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
これが好きな人はおそらく「乙一」先生の本も好きなはず! 
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:37 | category:    朱川湊人 |
# 花まんま
花まんま
花まんま
朱川 湊人
花まんま/朱川湊人
文藝春秋
1650円
評価 ☆☆☆
小さな妹がある日突然、誰かの生まれ変わりだと言い出したとしたら?
大人になったあなたは、何かを忘れてるだけなのではありませんか?
大阪の路地裏を舞台に、失われてしまった懐かしさを描く作品集。



(感想)
今から30年ほど前、大阪の路地裏に暮らす子供達。
彼らが経験した“不思議”を綴ったノスタルジックホラー。

なつかしい香りがして、
ホラーと一言で言ってしまうのはもったいない雰囲気があります。

この世には、目には見えず肉体も持たない
“思い”だけが浮遊しているような存在が確かにあって、
やわらかい神経を持っている子供達だからこそ、それを敏感に感じられる。
この本の存在が、その目に見えないものを優しく肯定しているかのように感じます。

大人になるにつれ信じなくなり、いつしか忘れてしまった
ものがありませんか?
大人になった私達にそっと問いかけてくれる作品です。
| comments(0) | trackbacks(1) | 14:54 | category:    朱川湊人 |
# かたみ歌
かたみ歌
かたみ歌
朱川 湊人
かたみ歌/朱川湊人
新潮社
1470円
評価 ☆☆☆☆
忘れてしまってはいませんか?
あの日、あの場所、あの人の、かけがえのない思い出を・・・。
ちょっと不思議な出来事が、傷ついた人々の心を優しく包んでいく。
懐かしいメロディと共に、
ノスタルジックに展開する七つの奇蹟の物語。



(感想)
今から30〜40年ほど前の東京の下町のアカシア商店街が舞台。

そこで働く人や近隣に住む人々にふりかかった
“不思議な7つの出来事”を描くノスタルジックホラー連作集です。

この時代が良かったということなんですかね〜ニコニコ
時代と人の温かさをしみじみ感じます。
古き良き昭和の時代が懐かしく、味わいがある。
私はまだ産まれてなかったころの話なのに、
どうしてこうも懐かしいんだろう・・・。
きっとこの感覚って私だけじゃなく、
誰しもが感じることのようなような気がする。
「私は日本人なんだな〜」としみじみしちゃいました嬉しい

ジャンルとしてはホラーなのかもしれませんが、
朱川さん独特の優しさがあり、
胸になんともいえない熱いものが押し寄せてきます。
朱川さんのこういうテイスト、大好きハート大小

ただ怖いだけがホラーじゃない。
雰囲気に酔える作品でした。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
花まんま/朱川湊人
わらくば日記/朱川湊人
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:10 | category:    朱川湊人 |
# わくらば日記
わくらば日記
わくらば日記
朱川 湊人
わくらば日記/朱川湊人
角川書店
1470円
評価 ☆☆☆☆
昭和30年代。
当時私は東京の下町で母さまと姉さまと三人、
貧しいながらも仲むつまじく過ごしておりました。
姉さまは抜けるように色が白く病弱で、
私とは似ても似つかぬほど美しい人でした。
ただ、姉さまには普通の人とは違う力があったのです。
それは、人であれ、物であれ、
それらの記憶を読み取ってしまう力でした・・・。
現代人がいつの間にか忘れてしまった大切な何かが心に届く、
心温まる連作短編集。


(感想)
朱川さんお得意の昭和ノスタルジー。
今回は不思議な力を持つ美少女とその妹が遭遇する事件簿です。

姉様は人のためにこの力を使い、
どんどん命を縮めていきます。
姉様の優しさと人々の温かさは心に染み入り、
ずっとこのお話の世界に浸っていたいような良い雰囲気の作品でした猫2

特に姉様の初恋揺れるハートの話は美しかったなぁニコニコ
同じく朱川さんの「かたみ歌」を読んだときにも感じたのですが、
朱川さんの書く恋のお話には
現代の若者達の恋にはない“奥ゆかしさ”があります。
忘れていた気持ちを思い出させてくれるような素敵な読後感でした。

ラストは続編の存在を匂わせるようなものでした。
大いに期待してもいいんじゃないかなチョキ

・・・ところで「わくらば」という言葉の意味を知っていますか?
知っているのといないのでは感想が大きく違ってくると思います。
ぜひ、辞書で調べてから読んでみてくださいウィンク



●この本を好きな人におすすめなのは・・・
かたみ歌/朱川湊人
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:14 | category:    朱川湊人 |
# さよならの空
さよならの空
さよならの空
朱川 湊人
さよならの空/朱川湊人
角川書店
1575円
評価 ☆☆☆
オゾンホールの拡大を食い止めるために画期的な化学物質が発明された。
しかしそれには夕焼けが消えてしまうという思わぬ副作用が・・・。
最後の夕焼け、あなたなら誰とどこで見る――。

(感想)
一度でも朱川さんの本を読んだことのある人には期待外れかも汗
朱川さんお得意のノスタルジックホラーとは違い、
SFチックなおとぎ話といったかんじ。

“夕焼けがなくなる”なんて最高に面白そうなテーマを準備しておきながら、
切り口がまったく朱川さんらしくないなんてガッカリ( -_-)

要は夕焼けを失うことではなく、
愛する人を失う悲しみの方をメインに書きたかったみたい。

夕焼けって特にこれといった思い出はなくても、
誰の心にも“美しいもの”として大切に位置付けられてると思います。
どうせならそんな夕焼けを失う虚しさもキレイに描いてほしかった。
どこを取っても掘り下げるべき点が間違っている気がするノーノー
テーマはいいのに残念でした泣き顔

●この本が好きな人におすすめのなのは・・・
チグリスとユーフラテス/新井素子
終末のフール/伊坂幸太郎
| comments(0) | trackbacks(1) | 12:08 | category:    朱川湊人 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links