隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 少女
評価:
湊 かなえ
早川書房
¥ 1,470
(2009-01-23)
コメント:まさに因果応報!!

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● 少女 / 湊かなえ
 ● 早川書房
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆
高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。
彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。
その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見たい」。
少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?
 

(感想)

湊かなえさんって、
「告白」が素晴らしかったからどうしても期待しちゃうんですよねー。
うーん、もう「告白」を超える作品はかけないのでしょうか・・・。

思春期特有の好奇心なのか「死」に興味を抱き、自分の目でその瞬間を見てみたいと思う少女たち。
この年頃の女の子の残酷さ・計算高さはリアルに感じられたけど、
あまりに狭い人間関係の中で、偶然に偶然が重なりすぎている。
これではあまりに都合がよすぎやしないか?

2人の少女が交互に語り手になっていくというスタイルの中で気になったのは、
2人の入れ替わりがわかりにくく、「今ってどっち?」と思ってしまうことが多々あること。
特に前半はひどかった。

「“死”は“退場”ってことなんだ」のセリフには悲しいけど共感。
誰もが途中出場な人生。その限られた出場時間の中で、世界がどんなふうに変わっていくのか
少しでも長く見ていたい・・・あの牧瀬が意外に感心することを言っていた。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:39 | category:    湊かなえ |
# 贖罪
評価:
湊 かなえ
東京創元社
¥ 1,470
(2009-06-11)
コメント:「告白」と似すぎている

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● 贖罪 / 港かなえ
 ● 東京創元社
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆☆
取り柄と言えるのはきれいな空気だけ。
そんな穏やかな田舎町で起きた、美少女殺害事件。
しかし、人と目される男の顔を見たらしい4人の少女たちは
どうしてもその男の顔を思い出せず、事件は解決しないまま・・・・。
そんな少女たちに投げつけられた激情の言葉が彼女たちの運命を大きく狂わせることになる。


(感想)

4人の少女の人生を握る、ある人物の強い強い思い。
その根深さはあまりにも「告白」の主人公のそれと酷使していて、
どうしても両作品を比べてしまいます。
構成が似てるし、「告白」もこれも面白いことは間違いなく、時間を忘れて読んでしまったけど、
「告白」の衝撃に比べるとこちらは生ぬるい感が否めません。
やっぱりあの衝撃は越えるのは難しいですよね

田舎町で起きた少女殺害事件。
お盆の真っ只中、どこにも連れて行ってもらえなかった5人の少女は
いつものように校庭でバレーボールをしていた。
そこへ知らないおじさんがやってきて、「少しだけ仕事の手伝いをしてほしい」という。
しかし、親切心からおじさんについて行った少女は無残な姿で発見されることになる・・・。

残された4人の少女は、大人の激情によって発せられた怒りの言葉にしばられ、
「懺悔」の気持ちを抱えて生きていくことになります。
そして、それぞれの形でその気持ちを清算することになるのですが、
幼く、未熟なうちにこんな事件に巻き込まれてしまった少女たちが
責任をとるように人生をかけて償いをしていく姿が痛々しいです。
異常な事態を目のあたりにして完璧な対応など大人だって取れるはずがない。
彼女たちの抱えたものはあまりに重い。

少々課題は残るものの、
3作目にして「湊かなえ的なスタイル」が確立されたのは確か。
次はこの手法をどう広げていくかが彼女のこれからの課題でしょう。
まだまだ楽しみな作家。期待しています
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:08 | category:    湊かなえ |
# 告白
評価:
湊 かなえ
双葉社
¥ 1,470
(2008-08-05)
コメント:根本にあるのは「母親の愛」

JUGEMテーマ:小説全般
●告白/湊かなえ
●双葉社
●1470円
●評価 ☆☆☆☆
愛娘を校内で亡くした女性教師が、終業式で明かしたのは
それは「このクラスに娘を殺した犯人がいる」という衝撃の告白・・・。
ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。
新人離れした圧倒的な筆力で綴られる驚愕のデビュー作。
 



(感想)
昨年、すごく売れた本たしかにすごく面白かったです。
ノンストップであっという間に読み終えてしまいました。

とにかく第一章の冷ややかな恐怖は新人とは思えない
でも残念なことに一章の完成度があまりに高いため、その後はインパクトに欠ける・・・。
全体通しても凄いんだけど、一章の凄さは圧倒的。
むしろ他の章はなくてもよかったのかも?ってくらいに。

一章は女教師、その後はこのクラスの生徒、犯人の家族、犯人・・・と、
それぞれ別の人の視点から事件の真相が語られていきます。
被害者と加害者のそれぞれの親子愛が事件の大きな鍵となっている。
誰かが違った愛情表現をしていれば事件はこのような形にはならなかったかもしれない。
一言で愛といってもいろんな形がある。
その選択の難しさとゆがみが事件を引き起こしたとも言えます。
少年が犯罪を犯した時、どんな形で裁くべきなのだろう。
被害者であり、犯人を預かっている担任でもある女教師の立場は
どんな判断でこの事件と向き合うべきなのかあまりに難しい。

最後にもう一度、読者を恐怖に陥れる残酷なラストが待っています。
これには「後味が悪い」という声も多く聞こえるけれど、
私はこの女教師の執念にすがすがしさすら感じました。

湊かなえ・・・すごい作家がでてきたなぁ。
次回作も絶対チェックしなきゃあ
| comments(2) | trackbacks(1) | 10:43 | category:    湊かなえ |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links