隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天の梯 | main | 本屋さんのダイアナ >>
# 男ともだち
評価:
千早 茜
文藝春秋
¥ 1,674
(2014-05-26)

JUGEMテーマ:小説全般
  
男ともだち / 千早茜(文藝春秋)

評価 ☆☆☆☆☆


関係のさめた恋人と同棲しながら、遊び人の医者と時々逢いびき。
仕事は順調なのに、本当に描きたかったことを見失っている―。
京都在住イラストレーター神名葵29歳の熱くてダークな疾走する日常。



直木賞の候補になった作品ということで読んでみました。
はじめて読む作家さんだけど、
あまりの文章のうまさに序盤からグイグイ引き込まれました。
久々にいい作家に巡り合えて嬉しい!今後もこの人の本を追いかけたいです。

作中に「男ともだちか。なんかずるい響きだな」というセリフがある。
うーん、たしかにその通り。同性の友達とは違う、かといって恋人でもない。
非常に微妙な位置にある関係性。
主人公の男ともだち・ハセオは女にとってファンタジーみたいな男。
作中で2人の関係を「それって永遠じゃない。求めるものが何もなくても離れないなんて。すごい信頼関係だわ。」と表現した人がいるけれど、
恋愛感情はない。何も求めない。でも離れない。信頼し、わかりあえている男・・・・。
自分の彼女にこんな男ともだちがいたら、どんな男だってやきもきするはず。
ある意味、女にとってこういう男は恋人以上に絶対的な存在。

恋愛でも単純な友情でもないから関係性には悩む。
でも絶対に寝ない。だって決定的なことさえなければずーっと一緒にいられるから。
それが周囲には子供が傷をなめあうようなおままごとに見えても構わない。
そんな男が1人いれば、女はそれだけで自信と安らぎを手に入れられる。
ただ見守ってるくれる・・・・その存在の大きさは女にとって計り知れない。

同棲中の彼がいるのに医者と不倫。
その上にこんな男ともだちがいる。
夢をつかんで、仕事は順調。
主人公は決して好きなタイプの女性ではなかったし、
恋愛観にも共感は持てないけど
やっぱり心の底では彼女が羨ましかった。
何よりも、ハセオの存在が羨ましくてたまらなかった。

この作品を男性はどう読むのか。ぜひ男性の意見も聞いてみたいです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:54 | category:    千早茜 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:54 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/972
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links