隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ホテルローヤル | main | 天の梯 >>
# 昭和の犬
評価:
姫野 カオルコ
幻冬舎
¥ 1,728
(2013-09-12)

JUGEMテーマ:小説全般

昭和の犬 / 姫野カオルコ(幻冬舎)
 
評価 ☆☆☆



柏木イク、昭和33年生まれ。いつも傍らに、犬。
犬から透けて見える飼い主の事情。



直木賞受賞作です。
姫野カオルコさん、久しぶりに読んだけど、これで直木賞取ったのか〜。
ちょい以意外です(^_^;)

昭和30年代に滋賀県に生まれた主人公・イク。
大きく変貌する時代を描きながら、
あたたかい家庭に恵まれず、決して幸せとはいえない人生を送るイクを綴ります。
犬はただ彼女の人生を通り抜けていくだけ・・・・。
犬と飼い主のハートフルストーリーみたいな作品ではありません。

大きな事件もなく、淡々と過ぎていくイクの人生。
なんだかね、読んでてずーっと悲しかった。
イクの孤独がヒシヒシと伝わる。
でも、おそらくイクは自分を孤独だとも不幸せだとも思っていない。それが悲しい。
家庭環境に恵まれなかったから犬だけを溺愛したというわけでもなくて、
イクは犬に対してもクール。
何かに熱く情熱を傾けることもないこの人の生き方は、
この家庭環境が作り上げたもの。
ただ与えられた環境で淡々と生きている姿・・・
これを決して不幸だとは描いていなかった。それがよかったです。






 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:56 | category:    姫野カオルコ |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:56 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/970
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links