隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 昭和の犬 | main | 男ともだち >>
# 天の梯
JUGEMテーマ:小説全般

天の梯 / 高田郁(角川春樹事務所)

評価 ☆☆☆☆☆


『食は、人の天なり』――医師・源斉の言葉に触れ、料理人として自らの行く末に決意を固めた澪。
どのような料理人を目指し、どんな料理を作り続けることを願うのか。
澪の心星は揺らぐことなく頭上に瞬いていた。
その一方で、吉原のあさひ太夫こと幼馴染みの野江の身請けについて懊悩する日々。
四千両を捻出し、野江を身請けすることは叶うのか! ?
「みをつくし料理帖」シリーズ、堂々の完結。


「みをつくし料理貼」、ここに堂々の完結。
この作品は歴史モノが苦手な私が初めてハマった歴史小説シリーズでした。
登場人物も読者もみんなが幸せになれる、納得満足のラスト!
前作を読み終えたすぐ後は解決していない問題が多すぎて、
あと1冊でどうまとめるんだよ!高田さん!と心配でしたがこんなにきれいにまとめるとは!
もう交わらないと思っていた小松原さんと澪の人生もきれいに決着をついています。
高田さん、本当に本当にありがとうございました。

あさひ太夫の身請け金・4千両という途方もないお金を工面するべく奮闘する澪・・・。
どんな手段で澪がこのお金を工面するかは今作の焦点でもありますが、
そのテがあったか!あっぱれ!一本取られた!と小気味のいい展開に思わずニヤリッ( ̄ー ̄)

自分のことよりも、そばにいる人達の幸せをいつも願っているこの物語の登場人物達が本当に大好きでした。
これでお澪ちゃんたちとはお別れか~、としょんぼりしていたら、
それぞれのその後を描く番外編が刊行されるよう予定とのこと。
本当のお別れはまだ少し先なのですね。楽しみに待っています☆
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:07 | category:    高田郁 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:07 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/961
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links