隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハピネス | main | 彼が通る不思議なコースを私も >>
# 高校入試
評価:
湊 かなえ
角川書店
¥ 1,512
(2013-06-28)

JUGEMテーマ:小説全般

高校入試 / 湊かなえ(角川書店)

評価 ☆☆☆



名門橘第一高校の入試前日、
教室の黒板に「入試をぶっつぶす! 」の貼り紙が見つかる。
迎えた入試当日。振り回される学校側と、それぞれ思惑を抱えた受験生。
謎に充ちた長い長い一日が始まった……。




(感想)

登場人物多すぎ!
途中、語り手がどんどん入れ替わり、
誰が誰だかわからなくなり苦労しました(特に高校の男教師達が誰が誰なんだかw)
巻頭の相関図もわかりにくく、物足りなくて不親切。
もっと丁寧に書いてもらわないとわかんないよ。
(ドラマ版を見ていた人ならば、俳優さんの顔をイメージできるからわかりやすいんだろうけど)
犯人の動機もピンとこなかったなぁ。

内容はさておき、私には一高卒業者の愛高心がたまらなく不快でした。
私のまわりにも高校を卒業して30年も40年もたっているのに、
いまだに俺たちの高校が高校が・・・言ってる人達がいて、正直ウザい。
高校後の人生を努力してきたというのに、
一高卒業生ではないと地元では認められないなんて馬鹿馬鹿しいにもほどがある。
そんなことで人を判断するなんて、いい年してアホかと思う。
そんな価値観の者が教師やってるとか・・・教育者としてだけでなく大人として恥ずかしい。


湊かなえさん・・・読むたびにレベル落ちていく感じがするけどそれでも読んじゃうんだよねぇ。
そろそろスパッと卒業しようかな。


| comments(0) | trackbacks(1) | 12:04 | category:    湊かなえ |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:04 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/947
トラックバック
「高校入試」湊かなえ
県内有数の進学校・橘第一高校の入試前日。新任教師・春山杏子は教室の黒板に「入試をぶっつぶす!」と書かれた貼り紙を見つける。そして迎えた入試当日。最終科目の英語の時間に、持ち込み禁止だったはずの携帯電話が教室に鳴り響く。さらに、ネットの掲示板には教師し
| 粋な提案 | 2014/09/19 2:22 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links