隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漁師の愛人 | main | とことん! - とんかつ道 >>
# M8
評価:
高嶋 哲夫
集英社
---
(2004-08-26)

  M8 / 高嶋哲夫(集英社)

  

 

 評価 ☆☆☆☆


東京をマグニチュード8の直下型大地震が襲う!!

若手研究者が東京直下型大地震を予知。

阪神大震災を同じく体験した三人の同級生たちそれぞれの葛藤を軸に、

首都大地震を最新の研究を反映して完全シミュレーションした書き下ろし。



(感想)

あまりにもリアリティがあります。
主な登場人物のほとんどが

阪神大地震で大きな被害を受けた過去を持つという設定ですし、
東日本大地震や阪神大地震を経験した方は読むのがつらいかもしれません。
登場人物の心理や行動が響き、打たれます。


地震の研究をするって難しい。
研究の甲斐があり、予測通りに地震が来たとしても嬉しくはないだろうし。
研究の結果を信じて、人々が動いてくれたら被害は軽減されるのだろうけど、

れたら袋叩きよ?
日本経済に大きな損失を与えてえらいことになる。
それでも、「地震は来ます」って断言できる?これはなかなかに難しい問題ですね。


こういう作品を読むことで、
私たちも常に危機感を感じ、その時のための備えをしておくべき。
たしかに大地震が起きてしばらくの間は備えもしっかりしておいたけど、
最近はずいぶんといい加減になっています(>_<)反省せねば!!

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:52 | category: 作家名 た行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:52 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/940
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links