隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 死神の浮力 | main | 愛に乱暴 >>
# 傷つく人、傷つける人
評価:
信田 さよ子
ホーム社
¥ 1,470
(2013-07-26)

 傷つく人、傷つける人 / 信田さよ子

 評価 ☆☆☆


長年カウンセリングの現場に立つ著者が「傷つく」という言葉をキーワードに、

家族、友人、職場などの、さまざまな人間関係にひそむ問題とその対処法を探る。


私が求めていたのは、

他者による傷の明確な原因のわかるケースではなく、

自分や社会の現状に悩んで勝手に傷ついて苦しんでる人のケースに触れる本だったので、

この本の内容は求めていたものとはちょっと違っていたけれど、

うなづける点も多く、読んで良かったと思える本でした。


「傷つくこと」と「傷つけられたこと」の違い。

「傷ついた」と感じている人は自分が焦点になっているが、

「傷つけられた」と感じている人は他者への怒りを感じている。

この違いに愕然としたし、

最近の傾向として「傷つけたくない」と思う人が増えてきているというのにも納得。

どうやら私はこの「傷つけたくない」という傾向が強いのかもしれない。

だからいつも行動に出る前に悩んでしまう。で、結局何もできずに終わってしまう。

これが私の人間関係をめんどくさくしているのだとわかった。


「過去は水に流せない」。

だからといって、忘れられない自分はダメなのだとは考えてはいけない。

そうならないために大切なのは「誰かに聞いてもらう」こと。

批判されずに、黙って聞いてもらうこと。何回も何回も聞いてもらうこと。

誰かの力を借りて、何があったのかをきちんと自分の中で整理すること。

これをすることによって、経験が過去になっていく。


「よい人間関係を築く」

自分を否定しない友達をできるだけ多く作る。

コンパートメントをたくさん持つ。


ちょっと書きだしてみただけでも、得るものは多かった。

これを自分にどう当てはめて、変わっていけるかだと思う。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:25 | category: 作家名 な行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/928
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links