隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ピュア・ラブ  紅絲篇 | main | 弱法師 >>
# High and dry (はつ恋)
High and dry (はつ恋)
High and dry (はつ恋)
よしもとばなな
High and dry (はつ恋)/よしもとばなな
文藝春秋
1260円
評価 ☆☆☆☆
14歳の夕子と絵画教室アートの先生・キュウ君(20代後半)は、
ある日、他の人には見えない不思議なキラキラぴかぴかとした奇跡を共有する。
その偶然から夕子は彼に「はつ恋ラブ」をしてしまいます。
大人の社会の中で疲れきっていたキュウ君も夕子と一緒にいることで、
自分を取り戻していく・・・。

(感想)
まず評価すべきは装丁のかわいらしさラブラブ
装・挿絵ともに山西ゲンイチさんという方がてがけています。
どこかなつかしく、あったかいキュートなイラストがたくさん。
主人公が14歳の女の子ということもあり、
ほんとに中学生くらいの女の子が「かわいい揺れるハート」って喜んでくれそうな本です。

ばななさんは絵や版画とのコラボレーションでその本をより「特別」にしてくれる作家さんですね。
文章だけでなく、他の面でも楽しみを与えてくれる贅沢!!

大人になって社会に出るとさまざまな人間関係に追われて、
自分を見失ってしまうことがあります。
この本はそんな状態の自分を一瞬立ち止まらせてくれました。

夕子とキュウ君は年齢がビミョーに離れているけど、
誰かと本質的な部分でつながるって
相手の年齢だとか性別、国籍、育った環境、学歴・・・
それら何もかもをすべて拭い取って「魂」という部分だけ見たときにつながれるかどうかなんだと思います。

同じ奇跡を喜んだり、
何かを見たときに同じレベルと感覚で受け止められる人・・・
人生でそんな人に何人出会えるんだろう!?
2人の関係はあまりにも理想的で、
こんな素敵なはつ恋をした夕子がうらやましいです(ラブラブ笑)

まだ恋をしていない夕子くらいの女の子に大切に読んでほしい本ですねラッキー
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:56 | category:    よしもとばなな |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:56 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links