隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 介護入門 | main | High and dry (はつ恋) >>
# ピュア・ラブ  紅絲篇
ピュア・ラブ 紅絲篇
ピュア・ラブ 紅絲篇
宮内 婦貴子
ピュア・ラブ 紅絲篇/宮内 婦貴子
毎日新聞社
1500円
評価 ☆☆☆
小学校教師学校の木里子が恋した相手は、修行中の禅僧・陽春。
かなわぬ想いを抱える木里子を、白血病病院という試練がおそう。
そして、木里子の想いを知った陽春が選んだ愛のかたちとは?
ふたりの純愛は、運命の紅い糸で結ばれているのだろうか・・・。
シリーズ第一部を完全小説化。

(感想)
白血病を患った小学校教師・麻生木里子と、
修行中の雲水・遠宮陽春の禁欲的な恋愛を描いて大ヒットした昼ドラテレビの小説版です。

私はドラマの大ファンですが、
やはり小説を読んだだけでドラマ版を見ていない人には、
この作品の良さはなかなか伝わりにくい気がしますしょんぼり

映像や役者さんあってこそ、
私の好きな「ピュアラブ」だったんだなーと実感ノーノー

お寺の厳粛な雰囲気や陽春さんの素敵さ、
戸ノ山さんのかわいらしさ、
そして何よりも忍さんの細やかな女性らしさ
(忍さんは男性だけど私は忍さんみたいなお嫁さんがほしいと本気で思っています)・・・
「ピュアラブ」の素敵なところ、
映像があってこそだなと思うんです。

そして脚本に忠実なのか、
ドラマのように場面が唐突にぱっと変わるんですね。
あれれ〜?いきなり場面が変わったよー、
と思う場面も何度かありました。

でもいまどきにない2人の純愛はほんと切ないあせあせ
わかっているのに涙ポロリがこぼれました。

翔君が2人を「ラブラブ〜楽しいハート大小」とからかうと、
陽春さんが「ラブラブとは何ですか?」という場面がほほえましくて大好きです♪

実際のお話じゃないのに2人の恋を本気で応援してしまいます。

●この本を好きな人におすすめなのは・・・
ピュア・ラブ/恋情篇
ピュア・ラブ/飛翔篇
どちらも宮内婦貴子さん。
3部作で完結です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:42 | category:    宮内婦貴子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:42 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/91
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links