隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅屋おかえり | main | 夢幻花 >>
# 総理の夫
評価:
原田 マハ
実業之日本社
¥ 1,785
(2013-07-11)

JUGEMテーマ:小説全般

 総理の夫 / 原田マハ(実業之日本社)

 評価 ☆☆☆☆



20XX年、相馬凛子は42歳にして第111代総理大臣に選出された。
夫である私・日和は鳥類研究家でありながらファースト・レディならぬ
ファースト・ジェントルマンとして、妻を支えようと決意する。


日本初の女性総理大臣が誕生。
その夫の視点から書かれた日記形式の物語です。

政治を描いているのなら小難しいのかな?と思っていたけど、
キャラがしっかり立っていてメリハリがあり、マンガっぽいから楽しめました。
装丁と中身のイメージがかなーり違います(笑)
凛子と日和に都合のいいような展開にうまくいきすぎな気もしますが、
軽いコメディータッチの作品なんだからと思えば許せてしまいます。
ですが、総理の打ち出している政策等も、
現実とかけ離れたマンガチックなものだというわけではありません。
これが現実だったら日本の将来も明るいだろうなーと思わせるようなもので、
これからの未来に希望をもたせてくれる作品でもありました。

凛子さんは素敵だし、日和さんはかわいいし、
読んでいて本当に楽しい作品でした。
| comments(0) | trackbacks(1) | 13:14 | category:    原田マハ |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:14 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/907
トラックバック
「総理の夫」原田マハ
待ったなしの日本にさっそうと現れた―史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。 20XX年、相馬凛子は42歳にして第111代総理大臣に選出された。 夫である私・日和は鳥類研究家でありながら
| 粋な提案 | 2014/08/05 12:41 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links