隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相! | main | 快挙 >>
# ガソリン生活
評価:
伊坂 幸太郎
朝日新聞出版
¥ 1,680
(2013-03-07)

JUGEMテーマ:小説全般

 ガソリン生活 / 伊坂幸太郎(朝日新聞出版)

 評価 ☆☆☆☆


ちゃーんと意志のある車が主人公。
仙台市内のある一家の所有する緑色のデミオは、お隣のカローラと語り、
街を走る車たちと情報交換をして暮らすのんびりとした毎日。
しかし、そんなある日、家族がある事件に巻き込まれてしまい・・・・。

車は人間とお話しすることはできないけれど、
車同士の会話は可能で、人間の知らない様々な情報を交換し合っているという設定。
こんなほんわかかわいらしい設定に、
いつものハードボイルドな伊坂ワールドが交錯するんだからすごいの一言!
いつもの伊坂作品よりは読みやすいかんじです。

車はなーんでも知っているのに、人間には決して通じない。
そこにはやきもきさせられるんだけど、
車と人間の間に言葉じゃないたしかな絆が感じられてジーンとくる。
私も自分の車、ちゃんと愛してあげなきゃと感じたわ。
エピローグがまた泣かせる〜。

シリーズ化希望!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:44 | category:    伊坂幸太郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:44 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/904
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links