隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 医者に殺されない47の心得 | main | かたちだけの愛 >>
# 空白を満たしなさい
評価:
平野 啓一郎
講談社
¥ 1,680
(2012-11-27)

JUGEMテーマ:小説全般


 空白を満たしなさい / 平野啓一郎

 評価 ☆☆☆☆




 
世界各地で死んだ人間がよみがえる「復生者」のニュースが報じられていた。
生き返った彼らを、家族は、職場は、受け入れるのか。
土屋徹生は36歳。3年前に自殺したサラリーマン、復生者の一人だ。
自分は、なぜ死んだのか?
自らの死の理由を追い求める中で、彼は人が生きる意味、死んでいく意味を知る―。
 
死んだ人がよみがえるなんてありえない設定ではあるんだけど、
決してSFチックなものではありません。
テーマは重いのにサクサクと読みやすく、あっという間に読み終えました。
生きることの意味を考えさせられ、久々に読書っていいな〜と感じられた作品。
読書ってこうあるべき!読書の醍醐味を感じました。

自分で自分を死に導いてしまう人が多い現代において、
平野さんの「分人」という考え方はとても興味深い。
自分の中でたまに起きるいいようのないもどかしさやイライラも、
この「分人」という考え方に置き換えれば腑に落ちる気がする。
自分の「分人」と向き合うことで救われることもありそうだ。
なんだかこの小説って、小説でありながら自己啓発本の役目も果たしてくれてます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:07 | category:    平野啓一郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:07 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/887
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links