隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏天の虹 | main | 玉磨き >>
# サクラ秘密基地
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,680
(2013-03-13)

JUGEMテーマ:小説全般

 サクラ秘密基地 / 朱川湊人(文藝春秋)

 評価 ☆☆☆



6編からなる短編集。
どのお話しも主人公が今から30〜40年前の子供時代の出来事を回想する
ノスタルジック感あふれる作品集です。
どの主人公も家庭に問題を抱えているし、
写真が全作品のキーワードになっているのが共通点です。

この時代の貧しさや懐かしさになんだか切なくなります。
朱川さんの真骨頂ですね、こういうの。
どのお話しも読んで後味のいいものではないのだけど、妙に余韻が残ります。

「スズメ鈴松」がベタだけど好きかも。
 
| comments(0) | trackbacks(1) | 14:45 | category:    朱川湊人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:45 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/882
トラックバック
「サクラ秘密基地」朱川湊人
?直木賞受賞作?『花まんま』や、?涙腺崩壊?のキャッチフレーズ『かたみ歌』で、読者の涙を誘った短編の名手・朱川湊人が、家族と写真にまつわるちょっぴり不思議で哀しいお話をお贈りします。二〇一二年秋に、三十九年の長期連載が幕を閉じたミステリ界の巨人・佐野洋氏
| 粋な提案 | 2014/09/26 2:25 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links