隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小夜しぐれ | main | 死者のための音楽 >>
# 残り全部バケーション
評価:
伊坂 幸太郎
集英社
¥ 1,470
(2012-12-05)
コメント:残り全部バケーション

JUGEMテーマ:小説全般

 残り全部バケーション  / 伊坂幸太郎

 評価 ☆☆☆



読んでいくうちにそれぞれの話しがつながっていく伊坂幸太郎お得意の連作短編スタイル。
スタイリッシュで小気味いい展開。
この人の小説ってほんと、ミニシアター系のセンスのいい映画みたい。
1章の表題作でもある「残り全部バケーション 」は
「Re-born はじまりの一歩」という作品集で既に読んでいたのですが、
あのお話しがこんな風に広がってくるとは思いませんでした!

特に岡田が好き。
彼には他の作品でまた再会したいです。
そして最後の最後で溝口が男になる!
サキさんの謎、残したままにしておくのが伊坂さんらしいですね。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:39 | category:    伊坂幸太郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/878
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links