隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 花散らしの雨 | main | 旅猫リポート >>
# 想い雲
JUGEMテーマ:小説全般

 
 
 想い雲 / 高田郁(角川春樹事務所)

 評価 ☆☆☆☆☆

「みをつくし料理貼」シリーズの第3弾。
時代モノが苦手な私でも一気読みしてしまう大好きなシリーズです。

今作では行方知れずとなった天満一兆庵の若旦那の新事実が出てきたり、
新しい常連さんが出来たりと今作もつる屋の面々は大忙し。

澪ほど料理に真摯な人間も、
心の不安や迷いが料理にはっきりと出てしまったところが人間らしくてよかった。
それに対する大人たちの態度も。

個人的には前作の「花散らしの雨」から登場した美緒さんに注目。
いい意味で物語をかき回して、物語をグンと華やかにしてくれる存在ですね。

澪はもう少女ではなく、女性として成長していっているのが感じられます。
女性だからこその壁にもぶつかるあたりは同性として本気で応援していたよ。
澪には本当に幸せになってほしい。
そして野江ちゃんにも・・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:36 | category:    高田郁 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:36 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/871
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links