隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 空の拳 | main | 衣もろもろ >>
# 55歳からのハローライフ
JUGEMテーマ:小説全般
 

 55歳からのハローライフ / 村上龍(幻冬舎)

 評価 ☆☆☆☆


主人公の年齢が高めで、長く人生を経験している人ということもあり、
思いの1つ1つに重みを感じた。
会社からも子育てからも解放された時に、はじめて“自分”と向き合う人も多いだろう。
そこで何かを始められる人もいれば、手持無沙汰に日々をやり過ごすだけの人もいる。
私が55歳になる頃には日本も今とは違った世の中になっていそうだけど、
自分にとっての“これ”というものを持ってるのと持ってないのでは大違いだよね。
将来のお金や健康の心配はもちろんあるけれど、
それ以前に今できることをやっておこう。
人から見ればくだらないものでもいいの。
“これ”というものを見つける心づもりだけは今のうちから持っていよう。

5つの中編があったが、やはり女性が主人公の物の方が共感できる部分が多かった。
それにしても村上龍さんは本当に時代をよく見てますね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:15 | category:    村上龍 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:15 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/863
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links