隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仙台ぐらし | main | 傷痕 >>
# 惑いの森 ~50ストーリーズ~
評価:
中村文則
イースト・プレス
¥ 1,575
(2012-09-21)

JUGEMテーマ:小説全般
 

 惑いの森 ~50ストーリーズ~ / 中村文則(イースト・プレス)

 評価 ☆☆☆



ピースの又吉さんが大好きな作家で、
のめり込んだ本だって聞いたので読んでみました。
夜中に街頭に本を照らしながら歩いて読んだって言ってて、
なるほどそんなシチュエーションで読むにはピッタリの本ですね(笑)

暗いし、ベールに包まれたようなあやしさも感じる。
世界観に溶け込むのが困難だったけど、
4,5ページ程度の短いお話しばかりなので、
“もう1つ読もう” “あと1つ読んだら寝よう”とついつい何編も読んじゃって、
意外に早く読み終えました。

50のお話の中で特に印象深かったのは「32 祈り」で、
これは他の作品よりなぜか強いメッセージ性のある作品だと感じたんですね。
そして、これがいちばん好きだとも思った。
その後、最後にあとがきを読んで、
これと「33 鐘」は東日本大震災の時に書いたものだと知り、
他とはテイストがまったく違っていたのにも納得しました。

「Nの〜」シリーズは作者本人を描いたものらしい。
これはこれで馬鹿馬鹿しくて好き。

それにしてもさ、
この短編嫌いな私がショートストーリー集に手を出すなんて相当の快挙でしょ!?
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:05 | category:    中村文則 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:05 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/842
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links