隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 決起! コロヨシ!!2 | main | 曽根崎心中 >>
# ヒア・カムズ・ザ・サン
評価:
有川 浩
新潮社
¥ 1,365
(2011-11)
コメント:パラレルワールド化した2つの物語

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● ヒア・カムズ・ザ・サン / 有川浩
 ● 新潮社
 ● 1365円
 ● 評価 ☆☆☆
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼いころから、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事していると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた・・・・・・。



(感想)

面白い試みの本でした。
2編のお話を収録していて、
2つとも↑に書いた7行のあらすじからはじまる物語なんですけど、
この7行から先はまったく違うお話が展開されていくんです。
まるでパラレルワールドみたいな作品

どちらかというと前半のお話の方が好き。
愛情に包まれたあたたかい真相が明らかになった時、胸がいっぱいになっちゃって。
けど後半の方はお父さんがダメすぎて、イライラしてなんか引いてしまった。

今回は私が有川さんの作品に無意識にもいつも期待しちゃっている
“キュンキュンしたい!”っていう感じがこの作品ではあまり感じられなく、
「有川らしさ」が薄いように思いました。
| comments(0) | trackbacks(1) | 09:23 | category:    有川浩 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:23 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/808
トラックバック
「ヒア・カムズ・ザ・サン」有川浩
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港...
| 粋な提案 | 2013/07/02 3:46 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links