隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ベッドの下のNADA | main | 下町ロケット >>
# 東京・地震・たんぽぽ
評価:
豊島 ミホ
集英社
¥ 500
(2010-08-20)
コメント:震災前に書かれたものですが、震災後の今だからこそ考えさせられるものとリアリティがあります。

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 東京・地震・たんぽぽ / 豊島ミホ
 ● 集英社文庫
 ● 500円
 ● 評価 ☆☆☆
うららかな5月の光景が一変した―東京で震度6強の大地震が発生。
家は崩れ、あちこちから火の手があがり、多くの命が失われた。
子どもと公園で遊んでいて生き埋めになった主婦。免震マンションに篭城するアイドル。
いじめの「復讐」を果たすため、被災地に乗り込む中学生…。
極限状態で直面する本当の気持ちとは?身体に心に痛手を負った14人の、
悲しみと明日への希望を描く小説集。



(感想)

東京で震度6の大地震が発生・・・悲しみ・そして明日への希望を描いた
14のショートストーリーです。

震災のずっと前に書かれたものなんですが、
あの体験があったからこそリアルに感じられることがたくさんありました。
震災前に読んでいたとしたら、たいぶ印象が違っていただろうなぁ。

「復習の時間」がいちばん好き。
なんだかんだあっても、やっぱり人間って助け合うものなんだなって。

震災があったからこそ必要性がわかるのは「パーティしようぜ」。
生きるためには物資だけじゃなく、弱った心をケアすることがいかに大切かって
この震災を経験して改めて感じたから・・・。
明日への希望・・・これが復興への大きなカギですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:30 | category:    豊島ミホ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:30 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/784
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links