隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お風呂の達人  バスクリン社員が教える究極の入浴術 | main | 酒場を愉しむ作法 >>
# 29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。
JUGEMテーマ:ノンフィクション
 ● 29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 / 葉山アマリ  
 ● 泰文堂  
 ● 1260円
 ● 評価 ☆☆☆  
彼女には絶望しかなかった。派遣切り、親の介護、婚約破棄。
絶望の中、彼女はあと1年だけ生きようと決めた。
人生最後の日はどこでどう過ごしたいのかはっきりとした“死に方”も見つけた。
どうせ死ぬのなら、すべて失ってもかまわない。
命日となるその日まで彼女がむしゃらな1年を追う“元気のでるノンフィクション”。
 

(感想)

新しく設立された「日本感動大賞」の大賞作品
プロが書いたものではないのでつたない文章ではあるけれど、それが功をなしたのか読みやすい。
内容も惹きつけるので、あっという間に読み終えてしまいました。

人って1年でこんなにたくさんのことができるんだ、そしてこんなに変われるんだ。
すべてをなくしたとき、人はこんなに強くなれる。
守るものや愛するものを持つ人は強いなんてよく言うけど、
それらをなーんにも持っていない人も怖いほど強い。
守るものがないから手段も選ばないし、何だってできてしまう。
この人は“死ぬ気でがんばる”をリアルにやっちゃった人なんですね。

いやなことにも、自分にはムリと思うようなことにも、迷わずチャレンジしていった姿勢がすごい。
妥協や甘えが一切ない。
ここまでの執念で1年間を歩ませた、その絶望の深さを思うと言葉になりません。

ただ、著者には本当に申し訳ないけど、私にはこれがノンフィクションだとはどうしても信じられない。
なんだかケータイ小説みたいに壮絶すぎて
そして最悪な状況の中にいる親を放り出した・・・そこが引っかかって素直に感動はできませんでした。

素直に受け入れられない私がいけないんでしょうね、ごめんなさい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:06 | category: 作家名 は行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/774
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links