隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最後の証人 | main | カッコウの卵は誰のもの >>
# ガラスの麒麟
評価:
加納 朋子
講談社
---
(1997-08-25)

JUGEMテーマ:小説全般
 ● ガラスの麒麟 / 加納朋子
 ● 講談社 
 ● 1680円 
 ● 評価 ☆☆☆
通り魔に襲われた17歳の女子高生安藤麻衣子。
美しく、聡明で、幸せそうに見えた彼女の内面に隠されていた心の闇から紡ぎ出される6つの物語。
少女たちの危ういまでに繊細な心のふるえを温かな視線で描く、感動の連作ミステリ。
 


(感想)  

麻衣子にも直子にも共感はしなかったけど、
女子高生たちの不安定で繊細な心は丁寧に描かれています。
核となる殺人事件とは関係のなさそうな出来事が少しずつ絡んできて、
後半になるにつれて1本の線になっていくのだけど、ラストはなんだか粗かった。
犯人の描き方も唐突過ぎて、こんな結末なの?って思ってしまった。

謎を次々と解き明かしていく神野先生は聡明な女性。
透明感と寂しさで謎のベールに包まれているんだけど、
最後に彼女にも少しだけ幸せの予感が訪れたのは救いだった。
野間さんと小宮さんのコンビはいいですね。特に小宮さんは存在自体が最高です!

加納さんの他の作品と比べるといまいち入り込めなかった印象。
全体的に暗すぎるのかな・・・??
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:17 | category:    加納朋子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:17 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/771
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links