隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 偉大なる、しゅららぼん | main | ガラスの麒麟 >>
# 最後の証人
評価:
柚月 裕子
宝島社
¥ 1,470
(2010-05-10)

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 最後の証人 / 柚月裕子 
 ● 宝島社 
 ● 1470円 
 ● 評価 ☆☆☆
元検察官の佐方貞人は、刑事事件を専門に扱うやり手弁護士だ。
今回、佐方のもとに舞い込んだ高層ホテルの一室で起きた刺殺事件は
物的証拠、状況証拠ともに、依頼人が犯人であることを示している。
男女間の愛憎のもつれが引き起こした悲劇。
世間やマスコミの誰もが、依頼人に勝ち目はないと見ていた。
しかし佐方の本筋を見抜くプロの勘は、これは単純な事件ではないと告げていた。



(感想)

私、見事に騙されました。一気読みでした。
デビュー作の「臨床真理」に比べるとだいぶ成長したのではないでしょうか。
それでもまだ甘さが目立つし、火サス的な内容ではあるけどね・・・・。

最愛の息子を突然奪われ、復讐に走る両親の思いは胸が痛い。
復讐を遂げるため、犠牲にしたものもあまりにも大きすぎる。
奥さんがナイフの扱いを特訓する場面なんかつらすぎて読んでいられない。
法廷ものとして考えてしまうと評価が厳しくならざるを得ないけど、
夫婦の息子への愛と絆の強さの部分は切ないほど響いてきました。

柚月裕子さん、この人はおそらくもっと法廷や裁判のことを学ぶべきなんだと思う。
事件の裏にある人間はよく描けていたから、あと一歩なんだよな〜。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:23 | category:    柚月裕子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:23 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/770
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links