隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 竜が最後に帰る場所 | main | Re-born はじまりの一歩 >>
# 群言堂の根のある暮らし―しあわせな田舎石見銀山から
JUGEMテーマ:エッセイ
 ● 群言堂の根のある暮らし―しあわせな田舎石見銀山から  / 松場登美 
 ● 家の光協会 
 ● 1600円  
 ● 評価 ☆☆☆☆
田舎暮らしを根っこにものづくりをしたい。 
人口四〇〇人あまりの町から全国へ。
衣料品・生活雑貨ブランド、「群言堂」が伝える、
田舎暮らしの魅力とそこから生まれたビジネスのいままでとこれから。

(感想)
 
私の大好きな番組「猫のしっぽ カエルの手」に登美さんが出たことで、
群言堂と石見銀山に興味を持ちました。
人口400人あまりの小さな町で、
衣料品や生活雑貨のブランドを営みながら、田舎暮らしの古きよき形を今に伝える「群言堂」。
この会社が現在に至るまでの出来事をつづった本なのだけどそれだけじゃない。
ここまで来るのはものすごく大変だったと思うけど、
好きだからこそこの道を信じて、楽しみながら進んできた・・・
その生き方が羨ましくて、憧れてしまって、もうただただ「ここに行ってみたい」って
思いがあふれてくる本でした。

今の石見銀山と群言堂がこんなにも注目されるのには、
もちろん土地そのものが持つ魅力が大きいことに間違いはないけど、
でもやっぱり登美さんと大吉さんの人間としての魅力と眼の確かさがあってのことだと思う。
時代の流れについていけなくなるのは怖いことだし、
先を見据えて、新しい物を追うのも大事なことだけど、
私は古い物の良さや味わいを理解し、慈しむような暮らしが本当はしたいのかもしれない。
登美さんたちの暮らしぶりを知り、その思いを改めて強固なものにした気がする。
でね、何が素晴らしいかって、
登美さんたちの場合、古いものをただ古いままに使うのではなく、
都会的、かつ現在的なエッセンスを織り交ぜてるいる。
これが評価されるのだと思うのです。
古くて不便だけど、そこを嫌わずにかわいがって長所に変えてあげるような愛情の示し方。
ただセンスがいいだけじゃできない、
愛情がなければ本当に良いものなんて生み出せないんだろうなぁ。

登美さん、大吉さんだけじゃなく、群言堂で働くすべての人がこの会社を好きでたまらない・・・
そんな気持ちがひしひし伝わってくる本でした。
 
行ってみたいなぁ、石見銀山・・・・。
けど、あまりに遠すぎて、どんな交通機関で行けばいいのかすら検討がつかないよ↓
でも、いつかはね
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:57 | category: 作家名 ま行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/761
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links