隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 砂の王国(上)(下) | main | この女 >>
# もえない―Incombustibles
● もえない―Incombustibles
● 角川書店
● 
● 評価 ☆☆☆
クラスメートの杉山が死に、僕の名前を彫り込んだプレートを遺していった。
そして彼から受け取り、封も切らずにしまいこんでいた古い手紙には
「友人の姫野に、山岸小夜子という女と関わらないよう伝えてほしい」という伝言が。
しかし、その山岸もまた死んでしまったらしい。
不可解な事件に否応なく巻き込まれてゆく僕は、
ある時期から自分の記憶に曖昧な部分があることに気づき始める。


(感想)

装丁をみた印象から、勝手に爽やかな青春ものをイメージしてたんだけど
まさかのミステリーでした。

けど・・・私には夢中になってのめり込めるような面白さはない。
あくまで淡々と静かに進んでいきます。
犯人や真相がわかった時もあまり衝撃がなかった。

「もえない」って意味不明なタイトルだな〜と思ってたけど、
読んでいるうちにちゃんと“ああ、そういうこと!”と納得できました(笑)
最後の一文が深い。胸にギュンギュン響きます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:45 | category:    森博嗣 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:45 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/758
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links