隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さいおうち | main | ズッコケ中年三人組age45 >>
# 青天の霹靂
評価:
劇団ひとり
幻冬舎
¥ 1,470
(2010-08)
コメント:ありきたりだけど、サクサク読めました。

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 青天の霹靂 / 劇団ひとり
 ● 幻冬舎
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆
一流のマジシャンを目指したはずが、
場末のマジックバーから抜け出すことができない35歳の晴夫。
ある日テレビ番組のオーディションに挑み、審査員の反応に希望を抱くが、
その帰り道、警察から思いもかけない電話を受けて…。


(感想)

この本を図書館から借りてきて、まだ読まないうちにテレビで劇団ひとりを見た。
彼はよりによってこのタイミングで「デビュー作は売れたけど、2作目は思いっきりこけたんですよ」と言っていた。
まったく・・・・なんでこのタイミングで言うかなぁ・・・。
でもね、あの「陰日向に咲く」の著者が書くものだもん、いやでも期待しちゃいますよね。

ほんとにあっという間に読めます。
軽いです。

軽いんです、いい意味でも悪い意味でも。

ほっこりできて雰囲気はいいんだけど、
淡々としてて、ものすごくありきたり。
「バック・ザ・フューチャー」を思わせるような流れで、
読者がまさかこんな展開じゃないよね?と想像していた通りのことが起こってしまうのです。

いやー、デビューであれほど完成度の高いものを書いちゃうと大変だね。
そのせいでハードルをかかなりあげた状態で読んじゃった。
でも、もし次回作があるならばここまで期待せずに読めるから、
読者もひとり自身もラクなのではないでしょうか。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:38 | category:    劇団ひとり |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:38 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/750
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links