隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 青天の霹靂 | main | ワタクシハ >>
# ズッコケ中年三人組age45
評価:
那須正幹
ポプラ社
¥ 1,050
(2010-12-08)
コメント:彼らが子供のころの話をもう1度読み返したくなります

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● ズッコケ中年三人組age45  / 那須正幹
 ● ポプラ社
 ● 1050円
 ● 評価 ☆☆☆
ズッコケ三人組のひとり、ハチベエの家に見知らぬ男性がたずねてきた。
そのひとは堀口と名のり、
32年前に三人組を山賊の手から助けて行方不明になった大学生の兄だという。
母が年を取って、しきりに弟に会いたがっているので、再び探すことにした。
ついては当事者である三人組に手伝ってほしいとたずねてきたのだ。
ハチベエは、いま自分たちが生きてこうしていられるのも、堀口さんのお蔭と、
早速、モーちゃん、ハカセを招集して探索にのりだした。


(感想)

ズッコケ3人組が中年になったように、私達もいい年齢になってきた。
正直、今ではこの字の大きさは逆に読みにくく感じるけど、
それでも子供のころに大好きだった3人組が読者と同じように年をとってくれるなんて
読者としてとても嬉しいことです。
那須先生の児童書のような文体ながらも、不倫だの離婚だの生々しい話もでてきて、
ああ、私も3人組も大人になったのだな〜としみじみしてしまいました。
特にモーちゃんはいつものんびりしてるように見えて、
実は芯の部分では男らしい素敵な大人になったなーと感じています。

気になっていた荒井陽子とハカセの関係にも一応の決着がついたのが良かったぁ

ズッコケシリーズの「山賊修行中」と「家出大旅行」を読んでいればさらに楽しめます。
いつまでもいつまでも続けてほしいシリーズです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:21 | category:    那須正幹 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:21 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/748
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links