隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どんぐり姉妹 | main | 第二音楽室 >>
# 新参者
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,680
(2009-09-18)
コメント:ミステリーというよりは人情モノですねぇ

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 新参者 / 東野圭吾
 ● 講談社
 ● 1680円
 ● 評価 ☆☆☆☆☆
舞台は日本橋。
江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。
「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。



(感想)

ゾクゾクするような謎解きの面白さを楽しむミステリーというよりは、
下町の人情味にあふれた作品を読んでいるような印象でした。
犯人・被害者・事件の関係者・事件とはまったく関係のないこの街の人々・・・・
立場は違えど、すべてが家族や大切な誰かのためを思い、生きている。
1つ1つの伏線にまつわるあたたかい思いに、心がほんのり癒されます。
日本橋という土地柄、この国の古き良き職業に就く人々も多く登場し、雰囲気も良く、
この国も、人も、やっぱり素敵だなぁと再確認できます。
こういうジャンルの作品でこんな感想を抱かせちゃう東野さんはやっぱりすごい作家です。

こういう角度から事件を解決に導く目を持っている加賀刑事。
東野作品に何度も登場する人気キャラなのもうなずけますね〜。
まだ読んだことのない加賀刑事の作品を読んでみたくなりました。
| comments(2) | trackbacks(0) | 11:42 | category:    東野圭吾 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:42 | category: - |
コメント
★きょさん★
コメントありがとうございます。
そちらのブログにコメントしたかったんだけど、会員限定だったのでこちらでのみご挨拶しますね。
小説は奇想天外なストーリーよりも、人々の生活の何気ない1ページを切り取ったような作品が好きなので、
これはかなり私好みでした。
| ともみ | 2011/02/01 12:19 PM |

はじめまして。

私も同じくミステリーよりも
人情を強く感じました。

かなりよい作品ですよね。
| きょ | 2011/01/31 11:26 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/732
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links