隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オルゴォル | main | 夜行観覧車 >>
# 人間小唄
評価:
町田 康
講談社
¥ 1,575
(2010-10-19)
コメント:他の町田作品に比べると小品だけれども・・・

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 人間小唄 / 町田康
 ● 講談社
 ● 1575円
 ● 評価 ☆☆☆
自分の短歌を無断引用した作家を拉致監禁し、
ある条件をクリアすれば解放してやると約束した俺。
その条件とは「俺の気に入る短歌を作る」「ラーメンと餃子の店を開店し人気店にする」「暗殺」、
このどれか1つをクリアすれば自由にしてやろう。
だが、事態は思わぬ方向へ…。
パンク純文学作家が放つ書き下ろし長編小説。



(感想)

町田康の持ち味全開!!相変わらずバカな話だったなー。
常識もへったくれもない。不条理もなんのその。
町田ワールドでは何があっても許される、っていうか許してしまうわ。

いきなり短歌の解説なんかから始まるし、
正直、前半はなかなかこの物語の世界に入り込めずに面白くはない。
でもラーメン屋経営がはじまるあたりからヒートアップ!
リズム感も出てきて、どんどん読ませます。

「告白」や「宿屋めぐり」みたいな圧倒的なスケールや
魂を揺さぶられるような鳥肌モノの興奮はないけど、これはこれで面白かった。
やっぱり町田さんの作品はバカバカしくないとね。

それにしても町田さんの作品にスピッツがでてくるとはなぁ。
びっくりした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:19 | category:    町田康 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:19 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/728
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links