隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 銀河に口笛 | main | ツリーハウス >>
# ストーリー・セラー
評価:
有川 浩
新潮社
¥ 1,365
(2010-08-20)
コメント:有川さん自身と重ねてしまいます。一体、どこまでが本当なの?

JUGEMテーマ:小説全般
 ● ストーリー・セラー / 有川浩
 ● 新潮社
 ● 1365円
 ● 評価 ☆☆☆☆☆
このままずっと小説を書き続けるか、あるいは・・・・。
小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。
それは複雑な思考をすればするほど脳が劣化する、世界でたった1人だけの病気。
小説家の仕事は考えること・・・・しかし、働けば働くほど寿命を縮めることになる。
極限の選択を求められた彼女は
今まで最高の読者でいてくれた夫のために物語を紡ぎ続けた――。



(感想)

side:A 、side:Bの2編を収録。
どちらも妻が小説家で、夫は妻の書く小説の大ファンだという設定。
Aでは妻が病におかされ、Bでは妻を支える夫の方に病が忍び寄ります。

Bに“卑怯だよ、卑怯。・・・そのぼやきは、最大の誉め言葉だ”と小説家である主人公が思う場面があるんだけど、
まさにこの作品の有川さんこそが卑怯!とんでもなく卑怯!!
奥さんが小説家という設定のため、どうしても有川さん自身と重なる。
もしかして、この本は実際に有川さん夫妻にあったことじゃないの???
すべてがフィクションであることを願います!
もしかしたら・・・という不安を抱きながらも、次々と襲いかかる読者への罠にビビり、
でも、何度、おどかされても胸を締め付けるような夫婦のまっすぐな愛に
ページをめくる手が止まりませんでした。

お得意のベタ甘ワールドに「死」を寄り添わせるとは・・・キュン死にしそうで、
悲劇的な展開に泣けてきて、頭の中ぐっちゃぐちゃになりますね。
卑怯、ほんっとうに卑怯!
そして、なんてったって会話の部分のうまさ!
テンポがよくて、あえて普段の会話では使わないような言葉や言い回しが出てくるたびに、
“読む側”の私達はニヤリとしてしまう。

ああ、やっぱり有川さんの本って中毒性がある。
有川さんとご主人がすっかりハマっている読者のこういう感想を見て、
ニヤニヤしててくれたら読者として嬉しいです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:17 | category:    有川浩 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:17 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/724
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links