隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 竜の涙 ばんざい屋の夜 | main | モラトリアムな季節 >>
# WILL
評価:
本多 孝好
集英社
¥ 1,680
(2009-10-05)
コメント:「葬儀屋の森野」??どっかで出会ったことあるような・・・と思ったら

JUGEMテーマ:小説全般
 ● WILL / 本田孝好
 ● 集英社
 ● 1680円
 ● 評価 ☆☆☆
18歳のときに両親を事故で亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野。
29歳になった現在も、古株の竹井と新人の桑田、
2人の従業員とともに寂れた商店街の片隅で店を経営する。
アメリカに住む幼馴染とは、時折電話で話をするが、
かつて甘美な関係を築いた彼との今後については、彼女自身が結論を先送りにしたまま・・・。
日々を淡々と、社長としての務めを果たす森野のもとに、
仕事で関わった「死者」を媒介にした、数々の不思議な話が持ち込まれてくる――。
「死者」たちが語ろうとするものは何なのか? それぞれに潜む「真実」を、森野は探っていく…。



(感想)

森野・・・・あなたが「MOMENT」のオトコマエな葬儀屋だと気づくまで、かなりの時間がかかったよ。
幼馴染の神田が以前、病院でアルバイトをしてたという一文があるまでまったく気づかず(汗)
ここまで気づかないと恥ずかしいですね・・・。
そう、これはあの「MOMENT」の続編!!
今度は神田ではなく、森野が主人公です。

死者の想い・・・。
佐伯家の人たちはそれぞれ家族思いで、優しい。
でも、ちょっとだけ傷つくことを怖がったから、家族の間に溝ができてしまった。
人を大切に思えば思うほど、誤解や嘘が生まれる。
その不器用さがもどかしかった。

あたたかいエピローグはジーンときます。
2人の未来、みんなが望む未来・・・。
最期の2行は「やられた感」と「感動」でいっぱい!
この気持ちを味わえただけでも、この本を読んだ甲斐があった!!

それにしても森野、「MOMENT」の頃の印象と全然違うなぁ。
女というよりはオッサンに近いようなやつだと思ってたけど、成長して少し女らしくなったような?
恋までしちゃっててビックリしたわ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:43 | category:    本田孝好 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:43 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/710
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links