隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドント・ストップ・ザ・ダンス | main | もしもし下北沢 >>
# TROIS トロワ
評価:
石田 衣良,唯川 恵,佐藤 江梨子
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575
(2009-08-28)
コメント:佐藤江梨子が頑張ってます

JUGEMテーマ:小説全般
 ● TROIS トロワ  / 石田衣良、佐藤江梨子、唯川恵
 ● 角川書店
 ● 1575円
音楽プロデューサーの響樹とカリスマエステティシャンの季理子は長年の恋人同士。
季理子の方が10歳年上だが、8年間干渉しない大人の恋愛を続けている。
ある日、響樹は銀座で出会った歌手志望のホステス・エリカと出会い、やがて恋に落ちていく。
嫉妬と野心が渦巻く中、響樹と季理子はエリカをスターダムに押し上げようと企むが…。
二人の直木賞作家と人気女優が奇跡のコラボ。
それぞれ描く男女三人が、複雑に絡み合い、嫉妬と野心、官能渦巻く恋愛小説。



(感想)

響樹を石田衣良、エリカを佐藤江梨子、季理子を唯川恵が各章入れ替わるように綴る競作。
サトエリ、この仕事よく受けたよなぁ。その度胸にまず拍手
でもって、最初はサトエリの部分だけ文章の幼さが気になるものの、
読むうちにまったくそれが感じなくなる。
おそらく響樹と季理子に比べ年少で人生経験も少なく、考えも幼いエリカをサトエリが担当したから
うまくごまかせたんだろうなぁ。
けど、そうだとしてもよく出来てると思います。

ストーリーはいたって単純。ありがちな展開で先が想像できました。
もともと石田衣良のスカしたかんじが嫌いなんだけど、この作品も激しく石田の匂いがする(苦笑)
女性2人が石田ワールドにお付き合いしたような、そんなかんじ。
エリカと季理子が響樹よりも潔く強かったように、作品の内でも外でも女性の強さが感じられます。
けど、もうちょっとエリカと季理子の年齢の違いが見たかった。
季理子さんが年の割に美しく完璧すぎて、しかも考え方も大人で素敵で、
これじゃあ「若い子と中年女の戦い」って気がしないんだよね・・・。
季理子が他の2人より上手・・・つまりは唯川さんが他の2人より上手ってことなんだろうけど。

まぁ、コラボだから深みを出すのは難しいでしょう。
短時間でさらっと読めるこの程度で上出来なのかも。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:11 | category: アンソロジー、競作 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:11 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links