隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新・自分で治す「冷え症」 | main | ドント・ストップ・ザ・ダンス >>
# 光媒の花
評価:
道尾 秀介
集英社
¥ 1,470
(2010-03-26)
コメント:1編1編としてではなく、くるっと全編で味わう作品だと思います。

JUGEMテーマ:小説全般
JUGEMテーマ:ミステリ
 ● 光媒の花 / 道尾秀介
 ● 集英社
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆
印章店を細々と営み、認知症の母と二人、静かな生活を送る中年男性。
ようやく介護にも慣れたある日、幼い子供のように無邪気に絵を描いて遊んでいた母が
、「決して知るはずのないもの」を描いていることに気付く……。
三十年前、父が自殺したあの日、母は何を見たのだろうか・・・・・。
6章からなる群像劇。
大切な何かを必死に守るためにつく悲しい嘘、絶望の果てに見える光を優しく描き出す感動作。



(感想)

道尾さんというと、暗くて怖いものを書く人、という印象だったけど今回はひと味違った。
もちろん、従来のそういうテイストも残しつつも、
6章からなる連作短編の中で各章ごとにそれぞれ違うテイストで描いているのがまず、凄い。
しかも、それに違和感を感じさせず、きれいにまとまっている。
1編1編を独立させて読むのではなく、全編通して味わうことがこの作品の醍醐味。
章を追うごとに作品が一つの形になっていくのがしっかり感じられます。

連作短編なので、前の章で救いがないような立場にあった人も、
他の章では幸せになっていたり、ほんの少し光が見えるのがほんのりと良かった。
どんな人の心にも暗さや醜さはある。
けど、それと同時に優しさや愛する心もきっとある。
それを改めて痛感させられる作品でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:57 | category:    道尾秀介 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/705
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links