隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リライブ | main | さよならドビュッシー >>
# 少女
評価:
湊 かなえ
早川書房
¥ 1,470
(2009-01-23)
コメント:まさに因果応報!!

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● 少女 / 湊かなえ
 ● 早川書房
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆
高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。
彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。
その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見たい」。
少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?
 

(感想)

湊かなえさんって、
「告白」が素晴らしかったからどうしても期待しちゃうんですよねー。
うーん、もう「告白」を超える作品はかけないのでしょうか・・・。

思春期特有の好奇心なのか「死」に興味を抱き、自分の目でその瞬間を見てみたいと思う少女たち。
この年頃の女の子の残酷さ・計算高さはリアルに感じられたけど、
あまりに狭い人間関係の中で、偶然に偶然が重なりすぎている。
これではあまりに都合がよすぎやしないか?

2人の少女が交互に語り手になっていくというスタイルの中で気になったのは、
2人の入れ替わりがわかりにくく、「今ってどっち?」と思ってしまうことが多々あること。
特に前半はひどかった。

「“死”は“退場”ってことなんだ」のセリフには悲しいけど共感。
誰もが途中出場な人生。その限られた出場時間の中で、世界がどんなふうに変わっていくのか
少しでも長く見ていたい・・・あの牧瀬が意外に感心することを言っていた。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:39 | category:    湊かなえ |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/701
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links