隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 太陽の村 | main | 少女 >>
# リライブ
評価:
小路 幸也
新潮社
¥ 1,575
(2009-12-22)
コメント:最期はやっぱり・・・・「人とのつながり」なんだなぁ

JUGEMテーマ:小説全般
 ● リライブ / 小路幸也
 ● 新潮社 
 ● 1575円
 ● 評価 ☆☆☆
命の灯火が消える瞬間、“バク”が囁きかける。
運命の恋人を失った夜。いまの仕事を選んだあの日・・・頭に浮かぶ、人生の分岐点。
そこからもう一度、やり直させてあげましょう。
ただし、ひとつだけ条件がありますが―。
かれらが何を選んだのか?あなたの予感は、覆される。
 


(感想)

命の灯が消える瞬間、人生をもう一度やり直させてくれる「バク」がやってきます。
あの日に帰りたいと思うその瞬間に戻してあげましょう。
しかし、一度目の人生の記憶は消され、二度目の人生が終わる瞬間にすべてを思い出します。
やり直したからといって、必ずにも幸せになれるとは限りません。
それでもあなたは、今でも後悔しているあの瞬間に戻りたいと思いますか???

どのお話の主人公もお金や欲に走る人は誰もおらず、
皆「誰かの幸せのため」に人生をやり直そうとしました。
そんな彼らをちゃんと見ていて、彼らの幸せをも祈っている誰かも必ずいる。
最後にこういうオチが付いていることで優しい気持ちになれた。
生きているうちはいろんな願いを抱くものだけど、最後の最後はやっぱり「人とのつながり」なんだなぁ。

自分ならどの瞬間に戻りたいだろう。
私は迷わずに、すぐに「あの瞬間」に行こうとパッとでてきました。
記憶がなくなるとしても、あの一言だけはどうしても言ってあげないと・・・。
こんな風に、読者はそれぞれ自分自身の人生を振り返ることになるでしょう。

内容のわりに軽くてサクサク読めます。
この軽さが「記憶に残らない本」になってしまいそうなイヤな予感を感じさせるんだよなぁ
もう少し深く、重みのある書き方にしても良かったかも・・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:43 | category:    小路幸也 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:43 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/700
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links