隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< あのとき始まったことのすべて | main | ペンギン・ハイウェイ >>
# あられもない祈り
評価:
島本 理生
河出書房新社
¥ 1,365
(2010-05-13)
コメント:不健康で暗い・・・読んでて気が滅入るなぁ

JUGEMテーマ:小説全般
 ● あられもない祈り / 島本理生
 ● 河出書房新社
 ● 1365円
 ● 評価 ☆☆
私が、いつかの日に置き去りにされたあなたを、迎えに行くことはできますか。
「あなた」と「私」。
名前すら必要としない2人の密室のような恋を描いた、至上の恋愛小説。



(感想)

河出書房新社の本って、どれもこれもなぜか好きになれない。
だから「これもダメなんだろうな」と思ってたら、案の定つまらなかったなー。
なんつー、暗く不健康な小説なんだろう。気が滅入るわ。

登場人物に誰ひとり共感できない、好きにもなれない。
「私」にも「あなた」にも母親にも直樹にもイライラさせられる。
こんなふうに漂うように生きてたって、何も進まない。
みんな、誰かに寄りかかってしか生きることができてない。

いつだって自分だけが悪いのだと思ってた。
いつだって自分だけが我慢するべきなのだと信じていた。
そうすれば何も見ずになにとも戦わずに思考停止していられた。
全部自分が悪いだなんて、
全部自分が悪くないと言っているのと同じことだ。


この一文はグサッときたなぁ。
私、けっこうなんでも自分のせいにしちゃうとこあるからさ・・・。
私がいけないの、全部私が悪いの、って思うことで許しを乞っているのかもね〜。
ああ、なんて安易でズルかったんだろう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:04 | category:    島本理生 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:04 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links