隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コロヨシ!! | main | 真綿荘の住人たち >>
# もう二度と食べたくないあまいもの
評価:
井上荒野
祥伝社
¥ 1,500
(2010-04-10)
コメント:このタイトル、秀逸ですね

JUGEMテーマ:小説全般
 ● もう二度と食べたくないあまいもの  / 井上荒野
 ● 祥伝社
 ● 1500円
 ● 評価 ☆☆
気がつかないふりをしていた。
もう愛していないこと。もう愛されていないこと。
直木賞作家が美しくも儚い恋の終わりを描いた短編集。



(感想)

このタイトル、秀逸だなぁ。
思わず手に取らせてしまう、すごいインパクトがありますよね。
甘く幸福だったはずなのに、その恋が苦く冷めたものになっていく・・・。
それぞれのお話についたタイトルもシンプルで簡潔で、こちらもうまい。

もう愛してない、愛されてない。
心の奥底では、もうわかっているけどジタバタしない。
騒がなければ、また元のように戻れるかもしれない・・・。
曖昧にして、ほうっておいて、たまりにたまって諦めていくこのかんじ・・・わかるなぁ。
「切羽へ」でも感じたけど、井上さんってこういう大人の微妙な感情を書くのがほんとに上手なんですよね。

なぜかさらさらと読めてしまうけど、記憶には残らなそう。
正直、もうすでにはっきり思い出せるお話は2,3つくらいだし。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:38 | category:    井上荒野 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:38 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/686
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links