隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 製鉄天使 | main | IN >>
# あるキング
評価:
伊坂 幸太郎
徳間書店
¥ 1,260
(2009-08-26)
コメント:これが伊坂幸太郎??

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● あるキング / 伊坂幸太郎
 ● 徳間書店
 ● 1260円
 ● 評価 ☆☆
弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。
王求は仙醍キングスに入団してチームを優勝に導く運命を背負い、野球選手になるべく育てられる。しかし王求めるの才能は両親の期待以上に飛び抜けていると知った両親は、
さらに狂気ともいえる情熱を彼にそそぐ。
すべては「王」になるために・・・・。
 

(感想)

いつものスタイリッシュで爽快な伊坂ワールドではない。
最近、ちょっと伊坂作品に飽きてきていたのだけど、これはヤバイくらいつまらなかった。

両親の仙醍キングスへの愛は執着でしかなく、
王求の野球への思いも孤独を伴い、純粋な情熱とは思えない。
3人の女は不気味だし、なにやら常に気味の悪い空気が立ち込めているようで
読んでいて息が詰まるような作品でした。

才能のある人の孤独・王の孤独・・・。
凡人になれない苦しみってあるのだろうなぁ。
その苦しさを描きたかったんだろうけど、あまりに王求が完璧すぎて、
人間味もなくてなんだか感情移入できなかった。
残念。
| comments(2) | trackbacks(0) | 16:15 | category:    伊坂幸太郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:15 | category: - |
コメント
★ユキさん★
ユキさん、こんにちはー。
やっぱりそう思いましたか(笑)
いろんなところでレビューを読んだけど、つまらなかったって声、多いですね。
伊坂さんの作品は独特のカラーがあって、そこに惚れこんでいるファンが多いから
こういうチャレンジはファンには歓迎されないのかも・・・
| ともみ | 2010/05/21 9:44 AM |

久々にコメントします♪
ちょっと前に私もこの作品を読んだのですが、
同じく恐ろしくつまらなく、「これが伊坂作品?」と疑ってしまいました。
多分伊坂さんなりにいろいろ挑戦したり試行錯誤していると思うのですが
初期作品が好きな私としては少々フクザツです・・
| ユキ | 2010/05/20 9:29 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links