隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< はじめての麦わら帽子 | main | 東京飄然 >>
# やさぐれるには、まだ早い!
評価:
豊島ミホ
メディアファクトリー
¥ 1,260
(2009-12-02)
コメント:まだまだ一緒にやさぐれたいから、もっと書き続けてほしい

JUGEMテーマ:エッセイ
 ● やさぐれるには、まだ早い! / 豊島ミホ
 ● メディアファクトリー
 ● 1260円
 ● 評価 ☆☆☆☆☆
大学入学を機に秋田から上京して、20歳で作家になった豊島ミホ。
はじめての東京、はじめての一人暮らし。
はじめての彼氏の居るクリスマス、AV鑑賞入門、ひとり花火大会、同棲問題……。
“底辺女子高生”だった彼女は、ここで何を見つけたのか。
それとも、何も見つからなかったのか。
等身大の豊島ミホ、究極のリアルエッセイ。



(感想)

豊島ミホさん。

どの作家よりも、
「私に似ている」「仲良くなれそう」「同じ匂いがする」と感じさせてくれる人です。

でも、この作品をもって、地元の秋田へ帰り、しばらく執筆活動をお休みされるとのことです。
好きな作家だなんていっても、すべての豊島作品を持ってるわけじゃなし、
読んでないのだってたくさんある。ブックオフに売っちゃったのだって2冊?3冊?

まさか豊島さんがここまで書くことに迷い、やめちゃうほど悩んでたなんて・・・・・。
豊島さんと同じく私も東北のクソ田舎で底辺な冴えない高校時代を送りました。
同士の感覚で、ずっと読み続けられると信じて疑わなかったから
あわてて読んだり、必死でコンプリートしたりしようとも思わなかった。
でも、今更だけど、こんなことになるなら全部新刊で買うんだったって後悔しています。
こんなにシンパシーを感じるエッセイを書いてくれる人は他にいない。
これからだってきっと出てこない。
だからもっとずっと彼女と一緒にふてくされて、素直に女の子女の子できない自分を呪って、
ふわふわしたかわいい女の子をひがんで、ひねくれ根性で、
「豊島、わかるわかるよ」ってもっともっと一緒にやさぐれたかったなぁ・・・。


「私は、何かを好きということが好きじゃなかった。
気に入ったものを好きだとあらわすことは苦手だった気がする。
自分に自信がないから、私が好きだと言ってしまうと、
その人やモノまで価値が落ちてしまうような気がしていたのかもしれない。」

この文章なんてあまりに自分の思ってきたことと同じで、自分が書いたのかと思ったほど。
私はこういう気持ちがあるから、こんな風にネット上でああだこうだ言えるわりに、
実際にはあまり自分の好きなことを表に出せないところがあるのです。
きっと豊島さん、こんな風に考えちゃう人だから、今回の活動休止なんてことも起きるんじゃないかな。
自分に自信がない → 自分の価値に気付いてない・・・ってことだと思うんだ。

「私には女心というやつがそなわってない。
友達の恋愛相談に、相槌を打つのもままならない。」

これだって世の中に“ガールズトーク”なんて言葉がなかったこと時代から
その種のトークに“女たちのハナシ”などと命名し、苦手意識をもっていた私そのもの。
私、もしこの先自分が女優やタレントになることがあっても、
ぜーったいに「グータンヌーボ」に出るのだけは断ろうと決めている。
だからここも自分が書いたのかと思うほどでした。

こういうかわいくないモヤモヤやグチグチをわからない人には、
若い女の子の書いたなんてことのないエッセイなのかもしれない。
でもどうでもいいことをどうでもいいままにしないするどい着眼点やこだわりには
私はいちいち共感しっぱなし。
わかる人には、きちんと伝わってるんですよ。

豊島さん。
私はどの作家よりもあなたにシンパシーを感じてたのよ。
また書いたところで売れるとは限らないけど、
こんな風にどうしようもなくあなたを求めてるファンがいることも知っていてほしい。
もしも私があなたなら「休む」なんて言っても実際には書くことが大好きだから
結局はやめきれずにまた戻ってしまうような気がする。
だから豊島さんもそうなんじゃないかと思ったりもしてるんです。
だから・・・ずっとずっと待ってますね





つーか、これ感想じゃなくてラブレターじゃない?

豊島さんがいつか考えを変えて、勇気を出して自分の名前をググッて
このラブレターを読んでくれることを祈ってます
(自分の名前でググッてみるのは悪いことだけじゃないよー
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:19 | category:    豊島ミホ |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:19 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/670
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links