隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハッピー・リタイアメント | main | ごはんのことばかり100話とちょっと >>
# シアター!
評価:
有川 浩
アスキー・メディアワークス
¥ 641
(2009-12-16)
コメント:今度の有川浩は甘さ控えめ

JUGEMテーマ:小説全般
 ● シアター! / 有川浩
 ● メディアワークス文庫
 ● 641円
 ● 評価 ☆☆☆☆
小劇団「シアターフラッグ」は解散の危機に迫っている。
ファンはたくさんいるし、人気はある。でも・・・・・、お金がないのだ
その負債額なんと300万円
悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。
だが司は巧にお金を貸す代わりに厳しい条件を出した。
「2年間で劇団の収益からこの300万を返すこと。できない場合は劇団を潰すこと」。
人気声優・羽田千歳が劇団に加わり、鉄血宰相・春川司も迎え入れ、
新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。


(感想)

今回は文庫での書き下ろし。
有川さんの本はあっという間に読めてしまうので安価なのは有り難い

でも、今回は有川さんにしては甘さ控えめかな〜。
いつも有川さんの本は、
「読んでる自分が恥ずかしい けど、面白すぎるから開き直っちゃえ」みたいな感じだけど、
今回はそんなにドキュンドキュンしなかった。あっさりめです。
でも、テンポの良さと、読みやすさは健在

解散寸前の劇団が借金返済に向けて奮闘するストーリー。
しっかり者の兄の司・泣き虫の弟の巧。
そこに絡んでくるのが人気声優だが、舞台は初心者の千歳。
3人を中心とした恋模様と演劇にかける若者たちの情熱。
でも、夢も恋もそう簡単にはうまくいかない。
焦りや不安も交えて、イキイキとした青春小説になっています。
有川的胸キュン要素は誰にでも気を使ってしまう性格の千歳が、
なぜか司にだけは態度が違うあたりがいちばん濃いかな〜。
千歳が司に「オジサン!」と言い放つ場面はこっちまでニヤけてきしちゃう

面白い、でも少し消化不良。もうちょっと先の彼らも描いてほしかった。
majiで恋する5秒前くらいで終わってしまった。
まだまだ描ききれてない中途半端なキャラが多かった・・・なんやかんやで続編希望しまーす
今後の期待を込めて☆は4つ
| comments(2) | trackbacks(1) | 10:34 | category:    有川浩 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:34 | category: - |
コメント
★たかこさん★
ねー!?絶対、続編希望!!
千歳と司の甘甘な会話が読みたいですよねー。
最近の有川さん、甘さ控えめの作品が続くけど、
なにか思うところがあってのことなのでしょうか?
私は今まで通り、胸キュンさせてくれる有川さんがいいんだけどな。
| ともみ | 2010/03/25 1:48 AM |

ともみさん こんにちは〜。
確かに今回は、甘さは控えめでしたね。
有川作品のベタ甘に慣れちゃってるせいか、もの足りないのかも。
絶対に続編希望です〜。
続編でこそ、甘々設定にしてくれると期待しましょう♪
| たかこ | 2010/03/21 10:58 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/654
トラックバック
シアター! / 有川浩
ぎゃぁぎゃぁ、半分壊れ気味(^-^; やっぱり有川作品はこうでなくっちゃ!と思わせる作品。ここ最近読んだ有川2作品では、さみしい思いをさせられたのでなおさら。キャラがたつ話をかかせたらうまいよね〜。 で、小劇団シアターフラッグの黒幕、鉄血宰相の春川司
| たかこの記憶領域 | 2010/03/21 10:55 AM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links