隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ヘヴン | main | 臨床真理 >>
# あした咲く蕾
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,600
(2009-08)
コメント:こころ温まるミステリー

JUGEMテーマ:小説全般 
 ● あした咲く蕾 / 朱川湊人
 ● 文藝春秋
 ● 1600円
 ● 評価 ☆☆☆
美人だけど性格が悪い僕のおばさん。
一筋縄ではいかないへそ曲がりだったけど、でも彼女は正真正銘の天使だった。
なぜなら、自分の命を分け与えることができたから。
そんな特別な力を持っているくせに、人並み以上に情の深い人だから、
彼女はあんな最期を迎えることになったんだ・・・。
表題作を含む全7編を収録のノスタルジック人情ホラー。



(感想)

なつかしい昭和の匂いがしてくるような、朱川さんお得意のノスタルジーに浸れる作品集
成長した主人公が昔、経験した不思議な出来事を回想する形になっていて、
それがなつかしさを倍増させてます。

どのお話にも「死」が絡んでいるけど、人の優しさや絆に包まれているから悲しい気はしない。
むしろあたたかさを感じてしまう。
朱川さんのこういう味付けってほんとうに素敵。安心して読める作家さんですよね。

いちばん好きなのは「虹とのら犬」。
ラストのなんと鮮やかなこと

異色だったのは「カンカン軒怪異譚」。
朱川さんの作品から元気いっぱいな生命力を感じるなんて珍しくない??
中華鍋みたいな道具だって100年も代々大切に使われてきたら、
持ち主の「美味しいものでみんなを元気にしたい」って魂は宿るはず。
おばちゃんが力いっぱい鍋を振るカン!カン!って音が今にも聞こえてきそう

残念なのは「湯呑の月」。
主人公の女の子と、病弱なおばちゃまが、湯呑の中に入れた水の中に
夜空に浮かぶ月を映してお願い事をするというシチュエーションはとても素敵なのに、
その大好きなおばちゃまが主人公の目の前から突然いなくなってしまう理由が
あまりに陳腐で俗っぽかったのにガッカリ。
一気に美しくなくなってしまったーーーー。

ちょっと優しい気持ちに触れたくなったら、朱川さんの本を読めばいいのかもしれませんねっ
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:53 | category:    朱川湊人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:53 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/648
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links