隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 刻まれない明日 | main | 薄暮 >>
# 訪問者
評価:
恩田 陸
祥伝社
¥ 1,680
(2009-05-14)
コメント:誰も信じちゃいけません・・・

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 訪問者 / 恩田陸
 ● 祥伝社
 ● 1680円
 ● 評価 ☆☆☆
山中にひっそりとたたずむ古い洋館――。
三年前、不審死を遂げた実業家・朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。
千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであり、
今夜、晩餐の席で昌彦の友人である弁護士・井上により昌彦の遺言が公開される。
嵐に閉ざされた山荘を舞台に、至高のストーリー・テラーが贈る傑作ミステリー。


(感想)

いかにも恩田陸チックなシチュエーションでした。
恩田さんってほんとに「古い洋館」とか好きですよね

何が嘘で、何が真実かわからない。
小さな子供でさえ犯人ではないと言い切れない緊張感。
さらに外部から遮断された山の中の洋館という閉鎖感も判断を鈍らせます。

けど、人が死んでいるというのになんだかみなさん不自然なほど落ち着いていて、
いつまでも作品の世界に入り込めず、違和感ありまくり。

さらに、気になるのは似たような年齢・名前の登場人物が多すぎて、
誰が誰なのかわからなくなりそうなことでしょうか
千蔵さん、千次さん、千衛さん・・・・みんなおじいちゃん

結末は驚きに欠けたなぁ。
いろんなことに疑惑の目をむけすぎて、「なーんかこんなもんか」って思っちゃったかんじです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:30 | category:    恩田陸 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:30 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links