隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 悪いことはしていない | main | 静子の日常 >>
# シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン
評価:
小路 幸也
集英社
¥ 1,575
(2007-05)
コメント:あの家族にまた会える!

JUGEMテーマ:小説全般
 ● シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン / 小路幸也
 ● 集英社
 ● 1575円
 ● 評価 ☆☆☆☆
下町で古書店とカフェを営む四世代ワケあり大家族。
今日も古本と共に舞い込む謎を家族総出で解決
泣いて、笑って、ケンカして、いろんな愛に気づいて…。
きっとあなたも我が家に帰りたくなる、下町ラブ&ピース物語。



(感想)

「東京バンドワゴン」のあの家族が帰ってきた シリーズ第二弾です。
前作を読んでずいぶん経ちますが、
久しぶりと感じる間もなくすぐにこの家族の世界に入っていくことが出来ました。

これほどたくさんの登場人物がいながら、
誰一人としていいかげんな扱いになっている人はなく、キャラがたってるのがすごい
しかも前作より登場人物が増えて、今後のさらに増える予感・・・。

ただ大家族の賑やかな日常を描いているのではなく、
亡くなったおばあさんのサチさんの視点で語られているからこそ温かみを増しています。
できれば、サチさんと一緒に秋実さんにもでてきてほしいんだけど、それは贅沢な願いなのかなぁ。
ほんとうに素敵な家族
今の時代、こんなに大勢で仲良く暮らしてる家族なんて存在するのでしょうか
読んでると幸せな気持ちになり、このシリーズがいつまでもいつまでも続いて欲しいと思えます。

最後の章はバタバタといろんなことが起こり、
喜びも寂しさもあわただしく過ぎて行ってしまったけれど、
これこそが「この家族らしい」ってことでしょう
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:36 | category:    小路幸也 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:36 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/627
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links