隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 乱反射 | main | 夜の朝顔 >>
# ワーキング・ホリデー
評価:
坂木 司
文藝春秋
¥ 1,550
(2007-06)
コメント:父と息子・・・ひと夏の親子物語

JUGEMテーマ:小説全般
● ワーキング・ホリデー / 坂木司
● 文藝春秋
● 1550円
● 評価 ☆☆☆☆
ヤマトは元ヤンのホスト。
ある日、彼の勤めるホストクラブに小学生・進が訪ねてくる。
「はじめまして、お父さん」・・・
そんなときに限って運悪く仕事をクビになってしまい
宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身することに・・・。
新しい仕事と息子との生活を同時にスタートさせることになったひと夏の贈り物。




(感想)

漫画かライトノベルを読んでいるような軽さで読みやすい。
元ヤンホストの視点で描かれているので言葉はくだけてて荒っぽいけど、
逆にそれが親しみやすい
進の言葉だけを信じ、本当に息子なのかという疑いも持たないヤマトに違和感を覚えつつも、
ほのぼの優しい雰囲気に包まれて、あまり深いことは気にせずに読んでしまいました。

周囲のあたたかい人たちからの手助けもあり、
無理をせずに、自然に親子になっていくヤマトと進の姿がほほえましい
料理が得意で小学生というよりは「おばちゃん」みたいなしっかりした性格の進が
時折見せる“子供らしさ”もかわいいな〜。
こんな風にいい人しかでてこない作品って珍しいよね。
家族向けのテレビドラマにしたら面白いかも(提供はもちろんヤマト運輸で)

坂木さんの作品ってどれを読んでも「続きが読みたいっ」と思わせてくれるけど、
この本も今後の2人(進の母・由希子も含めた3人)がとっても気になります
続編希望
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:57 | category:    坂木司 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/617
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links