隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 龍神の雨 | main | ふちなしのかがみ >>
# パーフェクト・リタイヤ
評価:
藤堂 志津子
文藝春秋
¥ 1,500
(2009-04)
コメント:女、50〜60歳からの人生をどう生きるか

JUGEMテーマ:小説全般
● パーフェクト・リタイヤ / 藤堂志津子
● 文藝春秋
● 1500円
● 評価 ☆☆☆
定年退職間近の布沙子は
かつての上司との愛人関係に区切りをつけ、なぜか自分を嫌っている苦手な後輩とも話し合い、
着実に定年の準備を進めつつあった。
そして、もう一つ、布沙子のこれからの人生を彩るであろう「完璧な退職」のために計画してきたことが…。
オーバー40の女性たちの心情を鮮やかに描いた短篇集。
 

(感想)

5つの短編からなる作品集。
どのお話にも共通するのは、主人公が「40代後半〜60歳間近の女性」であること。
テーマは「リタイヤ」。
この年代の女性ならではの不安や孤独、理想を描いています。

それぞれの価値観の違いで、「パーフェクトな老後」が違ってくるのは理解してるものの、
どのお話の主人公を見ても共感も憧れもできず、
「ほんとうにこれがあなたにとってのパーフェクトなの?」と思わずにはいられなかった。
誰の選択も正解だとは思えないし、納得できないもどかしさも残るけど、
いろんな人がいてこその世間だからな。
個人性の面白みは感じました。

定年を迎えたといっても今の60代はまだまだ若い。
定年後の人生に趣味でも見つけてのんびりと暮らすのもいい老後ではあるけれど、
まだ何かをはじめるのに遅いという年齢でもない。
守りじゃなく、攻めの姿勢で新しい生き方を模索する中年の方って輝いている


私の老後・・・まじめに考えてみたことはまだ一度もない。
私たち夫婦の場合、子供もいないわけだし、
まわりに左右されず、とにかく自分の手で切り開いていくしかないわけで・・・、
ただ流されるだけじゃない、後悔しない生き方・・・。
「まだ先のこと」なんて思わずに、少しは真剣に考えてみようかな。

はー、ここ本に出てくる女性たちは
私よりもずーっと「現役の女」なような気がする
30代の私方の方が女であることを忘れてるわ・・・。
これじゃいかんなー。現代の女性の若さを実感する作品でした。

それにしても・・・・この装丁はダサすぎませんか
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:48 | category:    藤堂志津子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/612
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links